うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

寿々喜蒲焼店

寿々喜蒲焼店

ひと仕事終え、夕方蒲田で途中下車。
アーケード街サンロードを行く。
こういう駅前の商店街が好きだ
シャッターの閉まった店もあるが
賑やかなほうだろう。

20131125DSC04725_thumb.jpg

アーケードの屋根が無くなったあたり
赤提灯が見えてくる昭和風情の居酒屋街だ。
そんななかのひとつ寿々喜蒲焼店だ。
昭和10年に神田で創業。
戦災で店舗が消失し昭和20年に蒲田で再開したという。
店舗入口の大きな赤提灯が迎えてくれる。

20131125DSC04726_thumb.jpg

店内は1階テーブル4卓、小上がり4卓ほど。
2階には座敷席もある。
瓶ビールをお願いする。
お通しにはきんぴらだ。
手酌しながらメニューを眺める。
焼き鳥、柳川、うなぎ鍋、うざく、うなぎたたきなど。
コース料理は4500円からある。
肝焼きは売切れとのことで残念
早い者勝ちなんだよなあ。
蒲焼1850円と焼き鳥タレ2本をお願いする。

20131125DSC04734_thumb.jpg

きんぴらがビールに合う。
気の利いた居酒屋さんはお通しも気が利いているようだ。
焼き鳥が登場、肉厚でふっくら柔らかい鶏。

20131125DSC04739_thumb.jpg

蒲焼が登場、ちょうどビールもなくなったので
熱燗をいただくことにする。
蒲焼、皮は柔らかく厚みのある身だ。
炭火で焼かれた身はトロッと柔らかい。
うなぎ高騰の中このお値段でこのボリュームはありがたい。
タレは甘辛濃いめ、酒がすすむ。
漬物のラッキョとキャベツがまたつまみになってしまう。

20131125DSC04740_thumb.jpg

昭和レトロな居酒屋で一人で安心の酒とうなぎ。
本日の晩酌、お会計3500円なり。


お店のウェブサイト
http://unagi-suzuki.jp/




関連ランキング:うなぎ | 蒲田駅蓮沼駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment