うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎ魚政

うなぎ魚政

四ツ木の人気店が駅近くに移転して再オープンした。
京成電車に乗って四ツ木まで行く。
四ツ木駅のほぼ駅前、歩いて30秒ほどのところにある。
店内はテーブル席5卓15席ほどと
奥にテーブル席の個室がある。
リニューアルオープンしたばかりとあって
店内は新品そのもピカピカだ。

20131121DSC04628_thumb.jpg

メニューには特注勝鰻とある。
ブランド養殖鰻の坂東太郎が売りのようだ。
うな重は坂東太郎か国産かで選ぶことになる。
国産うな重上は4315円、坂東太郎上は4830円
坂東太郎のみ特上の設定があり5880円。
平日の昼限定でうな重並3360円がある。

20131121DSC04635_thumb.jpg

上でこの値段差だとどちらにしようか迷うところ。
店員さんに坂東太郎と国産どちらがよいか聞いてみた。
大きさはどちらも同じで肝吸いはつかず別料金。
国産は九州産で脂がのってボリュームがある感じで、
坂東太郎は天然鰻に近いとされる柔らかくて
あっさりした感じでお客様のお好みでとのこと。
なるほど分かりやすい説明をしていただいた。
自分的にはボリューム感をこのむところ
国産うな重上は4315円をお願いする。
肝吸いは注文しなかった。
他には白焼きや鰻のコース料理があり

20131121DSC04640_thumb.jpg

スケジュールの整理をしながらおとなしく待つ。
約20分後、裂きたての骨せんべいと、肝とのこと。
パリッとサクッとした骨せんべい、味付けも程よい。
湯通しした肝は、わさび醤油でいただく。
肝の食感が嬉しい、こういうのいいなあ。
酒が飲みたくなってしまうがここでは飲まない。
さっき、家に今日は家で飲むとメールをしたばかりだ。

20131121DSC04646_thumb.jpg

待つこと45分、うな重登場。
皮は薄く柔らかい。
紀州備長炭を使用しているとのことで炭の香り。
身は厚めフワッとトロッととろける身だ。
表面はややサクッとした仕上げ。
店員さんの言った通り、脂のノリの良く
ボリュームがある。しかしくどすぎない。
タレは甘辛やや甘目のコクのあるタレ。
ご飯はハラッとする感じで炊き加減は固め。
うなぎ自体のボリューム感があり、
ご飯の量はやや少な目だがちょうど良い。
満足の感のあるうな重だが、お値段もよい。

20131121DSC04654_thumb.jpg

ご予算が許せば坂東太郎と食べ比べをしてみたところだ。
場所的には少々不便かもしれないが
食事中に予約のお客さんが何組か入ってきた。
なかなかの人気店のよう、活き裂きの貴重なお店である。

お店のウェブサイト
http://unagi-uomasa.jp/





関連ランキング:うなぎ | 四ツ木駅八広駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment