うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

くれない

くれない

どうも腰の調子が悪い、しかも冷え症になっている。
低体温だと免疫力が落ちるらしい。
初めての湯治に行ってみることにする。
関東圏でプチ湯治プランもある四万温泉に行くことにする。
湯治は二泊三日くらいしたほうが効果的らしい。
そんな話をしているときに実母も腰が痛いと言っている。
湯治に誘ってみたら、ついていくと言う。
そんなことでなぜか親子で湯治に出かけることになった。

20131107DSC04372_thumb.jpg

四万温泉の積善館本館のプチ湯治プランにしてみる。
この積善館は、あの千と千尋の神隠しのモデルになった
とも言われている温泉宿だ。
宿に到着するとなるほどあの赤い橋がある。
そして風情ある建物とやわらかい湯だ。
草津の「仕上げ湯」と呼ばれているらしい。

20131107DSC04375_thumb.jpg

到着してから温泉三昧、少しずつ体の内部から暖まってくる。
さて温泉宿と言えば豪華な食事なわけだが
この湯治プランは低カロリーの食事が出される
まさに治療のための温泉宿なのだ。

20131107DSC04376_thumb.jpg

湯治二日目、昼食は各自とることになる。
旅館前の赤い橋を渡り、温泉街を散策して昼食処を探す。
賑やかではないが、なんだか懐かしい感じの温泉街。
店がなくなるあたりに湯むしうなぎの文字を見つける。
湯の宿旅館くれない、食事処が併設されている。
朝晩と低カロリーなヘルシー食なので昼くらいはと・・・。

20131107DSC04384_thumb.jpg

昭和10年に創業の四万温泉の旅館くれない。
店内はテーブル2卓、小上がり4卓。
小上がり席からは川を眺めながら食事ができる。
湯むしうなぎとは、温泉の湯でうなぎを蒸すのだそうだ。
メニューはシンプル。
湯むしうな重2850円。
温泉雑炊、やまめ・イワナの塩焼きなど。
とりあえず、湯むしうな重をお願いする。

20131107DSC04387_thumb.jpg

四万温泉超辛口純米酒くれない、オリジナルの酒だそうだ。
気分は完全にオフだ、昼から一杯やってしまおうか。
昨晩は呑んでいないし。
そして、くれないの焼豚も気になり注文。
おしゃれな冷酒用の入れ物とともに登場。
なかなかのキリッとした辛口のお酒だ。
たまには日本酒もよいものだ。

20131107DSC04394_thumb.jpg

ほろ酔い気分になったころ待つこと25分、うな重登場。
皮は薄目で柔らかい。
やや厚めの身は、フワッとトロッとしている。
温泉で蒸してあるのかと思うとちょっと特別な気分になる。

20131107DSC04401_thumb.jpg

ちなみに四万温泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
効能としては入浴時は胃腸病・神経痛・リウマチ・皮膚病・擦り傷・切り傷など
飲泉時には胃腸病・食欲増進とある。
タレは醤油系辛めだが濃すぎず、薄すぎず酒のアテとしてもいける。
脂のノリもほどよく、ボリューム感も感じる。
全体的にはあっさりバランスのよいうな重だ。
肝吸いの肝はプリッとしていて、椎茸が入っている。

20131107DSC04410_thumb.jpg

くれないの焼豚は、焼石に焼き豚が盛られ、たっぷりのネギがのる。
しつこくない焼き豚、ネギとタレとともにいただくと
酒もすすむのである。
こんなところで、一杯やりながら鰻を食べられるとは思わなかった。
そして、また積善館で温泉治療をするのである。

二泊三日の短期間の湯治ではあったが
三日目の帰るころには体の内部から暖まっているのを感じた。
重たかった腰もちょっと軽くなり、気分的にも回復したようだ。
あなどれない、温泉パワー、湯治の力。




関連ランキング:うなぎ | 中之条町その他

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment