うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

林屋

林屋

川越に仕事で立ち寄る、昼食時だ。
連雀町から大正浪漫夢通りを抜けたところに林屋さんがある。
なかなか重厚な建物だ、元米問屋を改装して
川越市認定の伝統的建造物に指定されている。

DSC04247_thumb.jpg

ダークでシックな店内はテーブル7卓ほどと小上がりや座敷がある。
元米問屋を改装したということもあり、店内の床にはレールが残され
店の奥まで続いているのが面白い。
散策をするにはちょうど良い季節、観光客も多数来店している。
テーブルの横には荷物を入れるための籠が用意されていて嬉しい。
ジャズ系のBGMに太い梁のあるある天井が落ち着く感じだ。

DSC04248_thumb.jpg

こちらの林屋さんの本店は栃木県那須の那珂川近くにある。
こちらでは、アユやどうじょう、うなぎなどテイクアウト専門店だ。
通信販売も行っている。
http://www.nasu-hayashiya.co.jp/index.php

さて川越店、メニューはわりとシンプルだ。
うな重は上2800円、特上4000円。
グレードは量の違いだそうだ、上=1尾、特上=1.5尾とのこと。
他にはさらしねぎ丼、うな玉丼、肝焼、白焼きなどもある。
上の次がいきなり4000円、ちょっと幅がある上2800円にする。

DSC04253_thumb.jpg

先に漬物が運ばれる。奈良漬が入っている。
さほど待つこともなく10分ほどでうな重登場。
ランチ時で席はほぼ満席。

DSC04259_thumb.jpg

皮は薄めで柔らかい。
身の厚さは普通、表面をパリッと仕上げてある。
ホクッとした柔らかい身だ。
タレは控え目、やや甘目。
ボリューム感は控え目のあっさり系だが
うなぎとタレとご飯のバランスはよい。
ご飯はやや硬めの炊き加減で、タレが良くかかっている。

DSC04263_thumb.jpg

二千円台でいただけるバランスの良いあっさりうな重だ。
女性客が多いのもうなづける。




関連ランキング:うなぎ | 本川越駅川越市駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment