うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

元祖うな鐡


このところうなぎ串もの系で
一杯やるスタイルがマイブームのようだ。
うな重もよいのだが、酒を飲む自分としては
うなぎ系串ものでちびちびやるのも好きなのだ。
鰻重よりもリーズナブルというところもある。
美味しいところをちょっとだけという食べ方だ。

今日は最近うなぎで一杯やるのが楽しみに
なってきたという仕事仲間の彼。
どうやら、くりから、ヒレ焼に魅了されたようだ。
場所は渋谷、京王線の渋谷駅改札近くのうな鐡
うな鐡という看板でのチェーン店は見かけるのだが
こちらあえて元祖を名乗る元祖うな鐡だ。

20130705DSC03369_thumb.jpg

お店のウェブサイトによると
創業は、1957年(昭和32年)渋谷駅のガード前にて
営業開始し何度かの移転を経て現在の店に至ったのだそうだ。
「「うなてつ」という名で各所にございますが、
全くの別経営で、一切関係ありません。」とのこと。
こちらの店で頂く「うなぎ串焼き」は、
創業者「故・貞森市六」によって、生みだされたメニューとのこと。

20130705DSC03376_thumb.jpg

ビル一階の奥へすすみ店内へ
わりと広めの店内だ。
メニューは串もの点数によってお値段も変わる
Aコース12本(うなぎ串焼及び野菜焼一通り)2400円
Bコース8本(うなぎ串焼一通り)1800円
単品でも注文可能だ。
もちろんお食事系の
うな丼1600円、うな重2600円もある。
レバー、くりから、短尺、きも、ばら身
串巻、かぶと、ひれやき
のBコース8本と生ビールをお願いする。

20130705DSC03384_thumb.jpg

生ビール1杯目が終わるころに
8本コースのうちの5種類が登場。
短尺、きも、串巻、かぶと、ひれやき。
一皿目はタレ焼、辛めのサッパリとしたタレ。
当然生ビールをおかわりする。

20130705DSC03390_thumb.jpg

残りの3種類が登場
二皿めは塩焼きだ。
くりから、レバー、ばら身
くりからはわさび醤油でいただく。
うなぎは捨てるところがないのだ。

20130705DSC03392_thumb.jpg

うなぎづくしの8本コース
なかなかボリューム感あり
美味しくいただけるつまみだ。

20130705DSC03393_thumb.jpg

そして興味があり注文したのがうなぎの西京焼。
なかなか珍しいのでお願いする
うなぎのジューシー感と西京味噌の甘みが合う。

やはり、好きなつまみで一杯やれるのは嬉しく思う。

お店のウェブサイト
http://www.unatetsu.com/




関連ランキング:うなぎ | 渋谷駅神泉駅

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment