うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなちゃん


こうブログなんかをやっていると
友人などから、どっかいいうなぎ屋ない?とか
この店は行ったか?などと言われることがある。
最近では仕事関係の人までこんなことを言ってくる。

今回はそんな仕事関係の方から
国立のうなちゃんは行ったか?と言われた。
行ったことがないのでご一緒しましょうということになる。
この仕事関係の方は飲み仲間でもある。
午後に仕事の打ち合わせを設定するのだが
そうそうに切り上げ中央線で国立へ向かう。

到着したのは16:30
国立駅から3分ほど歩くと
うなちゃんの看板がみえてきた、なんだか凄いなあ。

20130618DSC03253_thumb.jpg

事前に調べた営業時間は17:00から
しかしすでに店内のコの字型のカウンターは満席とのこと
店主が二階の座敷でよろしければ・・・と。
せっかく来たので二階の座敷に通してもらう。
履物を脱ぎ、急な階段を上っていくと
店主がクーラーつけてくださいね!と。
そのときの店主はカウンター席のお客さんへの
酒出しと、炭おこしにおわれている。

まま、なにはともあれお疲れ様と。
とりあえず飲み物が欲しいところ
階段を下って忙しそうな店主にビールをお願いする。
二階の座敷、なんだかのんびりできるんですな。

20130618DSC03262_thumb.jpg

ほどなく店主が汗だくでビールを持ってきてくれる
瓶ビールは冷えている。キリンラガー。
周囲を見回すがメニューはない・・・。
郷に入ればなんとやらで、店主にお任せである。
17:00ちょっと前になると女将さんが登場。
17:00から焼きはじめるらしい。
どうやら暗黙のコースのようなものがあるようだ。
すべてお任せにすることにした。

20130618DSC03269_thumb.jpg

瓶ビールで一杯やっていると
お通しだろうか、キャベツのつけものが登場する。
これがなかなかいけるのだ。
ちょっとトイレに立つのだが、
階段を下り、カウンター席のお客さんに
恐れ入りながら店舗外のトイレに向かう。
二階席に戻るときも同じように
恐れ入りながら戻るのだ。
これはこれで、酔い覚ましになったりする。

20130618DSC03273_thumb.jpg

瓶ビール4本目に入るころ
念願のくりから焼が登場。
ふんわり柔らかな焼き加減と
やさしい塩加減。
呑む時はくりから焼がよいかもしれない。

20130618DSC03276_thumb.jpg

そしてヒレ焼登場。
焼は浅めの柔らかジューシーなヒレ焼。
あっさりしたタレ味。
このヒレ焼もお店によっていろいろだ。

20130618DSC03278_thumb.jpg

このころには、日本酒が欲しくなる。
お酒も女将さんにお任せである。
たしか銘柄は福生の銘酒多満自慢
そう店の看板にもなっている酒だ。

そして漬物の盛り合わせ。
これがなかなかボリュームもあり
辛口の日本酒がすすむのだ。

20130618DSC03295_thumb.jpg

うなぎの短冊串
フワッと柔らか、柔らかジューシーな身。
ワサビ醤油でいただく。

これでひととおりのようだ
このころには2階の座敷席も満席。
他の初めてだというお客さんの
戸惑っているようだが
隣の常連さんらしきお客さんに
「任せとけばいいんだよ・・と。」
なるほどね確かに任せておけば
間違いはないようだ。
満足感もありでお勘定は二人で6000円弱。
これだけ飲んだのに・・・。

勘定を済ませて店を出るころには、
店の外まで小さなテーブル出して一杯やっている。
テーブルには白焼きがのっている。
どうやらお客さんによって出てくる品物が違うようだ。
常連さんですか?と聞いてい見ると
いやいや僕なんかまだまだ常連とは言えないですよ・・・と。
となると、白焼きを出してもらうには
もうちょっと通わなければなのだろう。

店主のこだわりの姿勢、面白いお店である。
女将さんも忙しそうにしながらも
いろいろ面倒を見てくれるのだ。




関連ランキング:うなぎ | 国立駅


スポンサーサイト

- 2 Comments

宮雀  

くりから焼

くりから焼? 初めて聞きました
なんですか 自分しらないの沢山あると気がつきました
焼き鳥のまごごろだったかな
それがまた美味いらしいです
(=_=)

2013/09/01 (Sun) 13:12 | EDIT | REPLY |   

ゆぽんた  

No title

>宮雀さん

いつもコメントありがとうございます。

くりからは鰻の肉を串にまきつけたもので
その姿が倶利伽羅竜王に似ているのだとか・・・
これも諸説あるようで。

焼き鳥のまごころ?
大阪の焼き鳥屋さんですか?

2013/09/03 (Tue) 20:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。