うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

天千代


都内での仕事のついで、都営新宿線菊川駅で降りる。
菊川駅至近の天千代へ行く。
こちらは創業1899年(明治32年)の墨田区の老舗うなぎ屋さん。
赤と黒の重厚感ある入口だ。

20130517DSC02956_thumb.jpg

店内は仕切られた小上がり席6卓が中心
おひとり様は店内奥のカウンター席に案内される。
カウンター横は厨房、カウンターは作業台も兼ねる。
お茶と割箸が配膳される。

20130517DSC02965_thumb.jpg

メニューは会席料理をはじめ
刺身や天ぷらなどの一品料理や、うな茶漬けもあり。
うな重は2800円から、上は3200円。
実は今回はメニューをよく見なかった、というかメニューに面白いことが書いてあった。
このお店の場所は、鬼平犯科帳と遠山の金さんの屋敷跡なのだとか。
鬼平犯科帳の長谷川平蔵(火付盗賊改役)と遠山金四郎(北町、南町の名奉行)ですよ
なんだか当時の様子を想像しながら親近感を感じてしまう。
長谷川平蔵が屋敷替えで移った場所で、四代目平蔵のときには、
遠山金四郎の下屋敷としても使われた場所なのだそうだ。
お店の創業の時代とはづれるので、このお店で食べたということではないのだが。
そうそう、うな重上3200円をお願いする。

20130517DSC02971_thumb.jpg

夕方の下町、小上がりで一組が一杯やっている。
待つこと30分、うな重登場。

皮はやや厚みがあり柔らかい。
身はなかなか厚みがあり大きく、香ばしい。
フワッとトロッという感じではなく
柔らかかくジューシーな身だ。
タレは甘辛甘め濃いめ。

20130517DSC02974_thumb.jpg

大きなうなぎと甘くこってりしたタレ、重厚感を感じる。
ご飯の量も多くボリュームあり、腹がいっぱいになる。
蒲焼だけで一杯やってみたくなる。

元気系のこってりボリュームうなぎでございます。



関連ランキング:天ぷら | 菊川駅森下駅住吉駅



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment