うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すず金


創業1877年(明治10年)という、
東京メトロ東西線早稲田駅近くのすず金へ行く。
老舗と言うと古い建物を想像してしまいがちだが
鉄筋5階建てのビルの一階にある。

20130515DSC02890_thumb.jpg

入口を入ると左端にテーブル席が4卓ほど
そのままの間口の広さで奥へと続く細長い店内。
モダン和風の店内の奥にカウンター席4席と厨房
そしてテーブル席6卓がある。

20130515DSC02895_thumb.jpg

昼時、席はほぼ満席、学生の街なのだが年齢層は高い。
木製の椅子には白い綿のカバー、ちょっとしたレトロ感だ。
割箸とお茶が運ばれる。
箸袋の裏を見ると
「我輩もかつて食した、ここの蒲焼」とある
夏目漱石も食したという老舗の蒲焼なのでございます。
交差点を挟んだ向かいに夏目漱石の生誕地の碑があり
夏目坂通りは夏目漱石のゆかりの地なのである。

テーブル周りにメニューを探すが見当たらない
壁の張り紙を見つける、なるほどシンプルなメニューだ。
舌代として、うな重は1700円と2200円とある。
一昔前の値段だなあ。
迷わずうな重2200円をお願いする。

おひとり様の時には、周りのお客さんの話を盗み聞きするのが好きだ。
我ながら悪趣味だと思うのだが、面白いからやめられない。
老舗の鰻屋などでは、鰻の薀蓄を語っていることが多い。
ここでは皇室の話とか、海外旅行の話とか・・・。

20130515DSC02900_thumb.jpg

待つこと15分、うな重登場。
皮はやや厚め、グニッとしたゼラチン質の感触、柔らかい。
なかなか脂のノリっている皮だ。
身はやや厚め、フワッと柔らかい。
タレは醤油系あっさり控え目、うなぎの風味と合う。
ごはんはやや硬めで好み、量は多め。
皮目のジューシーさと控え目なタレとうなぎの風味
そしてご飯とのバランスがよい。

20130515DSC02904_thumb.jpg

うな重を頼むと、吸い物はつくが、肝吸いは別料金だったようだ。
壁のメニューをよく見れば肝吸い100円とあった・・・。

ちょっと前まではこの値段でこのボリュームは
スタンダードに近かったが
うなぎ高騰後でもこの値段でこのボリューム感のある
うな重をいただけるのはとてもありがたい。
庶民の味方的老舗鰻屋さんなのでございます。




関連ランキング:うなぎ | 早稲田駅(メトロ)早稲田駅(都電)若松河田駅


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。