うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

ひょうたん屋 1丁目店

ひょうたん屋 1丁目店

うなぎは大好物である。

以前より気になっていた、銀座のひょうたん屋。
なんでも東京では数少ない、地焼きの味わえるお店でございます。

お店は移転して新しくキレイな店内。
カウンター席と奥にはテーブル席2.5卓
昼時11:30頃に到着。
既にカウンターはいっぱい、奥のテーブル席を案内される。

楽しみにしていたので、迷わず特上を注文。
金も無いくせに調子に乗って同行者の分まで奢りを宣言。

待つこと10分ほどで、うな重登場。
u30s.jpg

お重からはみだした鰻からは、備長炭で焼いた香ばしい香り。
しっかり歯ごたえの皮。身は超肉厚でプリプリとした食感ながら
一口ごとに広がる脂のジューシー感はボリューム満点である。
タレは、甘系でもなく辛系でもなく、塩系だろうか・・・
ボリューム満点のうなぎにはグッドマッチ。
ガツガツ食べてしまう、うな重で御座います。

なるほど、関東風のうなぎとはまったく別物である。
蒸さないで焼く関西風うなぎ。
身の脂もいっしょに味わう、鰻本来の味なのかもしれません。
しかしこれは好みの問題。
長年、関東風のうなぎに慣れ親しんでいると
好き嫌いが分かれるところでしょう。

話のタネに一度、プリプリしたうなぎはいかがでしょう。
また、行きたいお店である。

うなぎは一色産をしているようです、表にダンボールがありました。




関連ランキング:うなぎ | 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment