うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座大和田 浦和店

銀座大和田 浦和店

久しぶりに浦和地近くで外出仕事。
このところ興味のある銀座大和田へ。
こちらのお店、銀座大和田 浦和店の近くにも
大和田という別のうなぎ屋もあるのだが
今日はドンキホーテ近くの銀座大和田 浦和店だ。

20130411DSC02626_thumb.jpg

車は店舗前に三台ほど駐車できる。
店内は6人用こあがり3卓、4人用テーブル席が3卓
奥には個室座敷もある。
琴の音のモダンアレンジのBGM。

うな重は松2200円より、菊2700円、特3300円、特上3900。
グレードで鰻の重量が違うとのこと。
女将さんにおすすめを聞いてみたところ
初めて召し上がるのでしたら、菊あたりでいかがでしょうか?とのこと。
次回以降松や特にしてみたらいかがでしょうか?と、納得明快に答えてくれる。

他には天ぷら定食、柳川、きじ重など、
一品料理は鯉料理、なまず、う巻などがあり
二名様からのコース料理は4200円からある。

店内に本日の鰻は鹿児島産と掲示してある。
テーブルの上のファイルには、
「当店は、蒸しておいて温めるだけの蒲焼きは一枚もありません」
蒸したて焼きたてを提供していると書いてある。
そのため、時間がかかることがあるので、ご了承をという内容。
お店の姿勢が伝わってくる。

20130411DSC02642_thumb.jpg

待つこと30分、うな重登場。

皮は薄くやわらかい
身の厚さは普通だが、ふわっと柔らかい身だ。
表面をサクッと仕上げてあり
脂のノリも程よくジューシー感もあり。
タレは甘辛やや甘め。

ご飯の盛りは多めだが、タレがしっかり染みていて
ご飯もすすむ。
昼時のサービスなのか、食後のコーヒーもうれしい。

20130411DSC02648_thumb.jpg

なるほど、次回は特上を食べてみたいと思ってくる。
アットホームな雰囲気、出前もしているようだ。
地元に愛される丁寧なうな重だ。

女将さんに聞くところによると、
老舗新橋大和田の暖簾分けなのだそうだ、
埼玉県内で老舗新橋大和田の暖簾分はここだけとのことだ。



関連ランキング:うなぎ | 浦和駅


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。