うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲焼の語源

うなぎの蒲焼というと、あのお重に入ってご飯の上にのせられた、
あの姿を想像するところだ。同時にあの香りまで想像してしまう。

この蒲焼の語源についても諸説あるのでご紹介。

蒲の穂に由来するという説。
池や沼などの水辺に生えている蒲の穂。秋田名物きりたんぽのような形をしているやつだ。蒲の穂の語源は「かま ぼこ」なのだが、現在のかまぼこは板かまぼこが主流なので、ちょっと姿かたちは似ていない、形的にはちくわが 近いのだろう。うなぎの調理の仕方も江戸時代初期あたりまでは、裂かずに丸ごと口から串を刺し、焼いて食べた と言われている。『大草家料理書』では丸のまま縦に串刺しにして醤油と酒で調味し焼いて調理されていたことが 記されていたり『大言海』では形が蒲の穂に似ていたことから付いた「蒲鉾焼」の略形だと記されていたりしている。

20130416DSC02376_thumb.jpg


さらに、樺の木に由来するという説では、焼いた時の色や形状が樺(カバノキ)の皮に似ているからとするものだったり、焼いている香りが早く伝わることからついた「香疾焼」(かばやき)に由来するという説や、中山道の宿場町、浦和で町人が旅人に出したからとする説のどなど諸説があったりするのだ。


画像は日本橋いづもやさんの「蒲の穂焼き」
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。