うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

深井屋


奥さんと女子は出かけてしまい
少々風邪気味で冴えない男子と二人で外出。
何を食べようかと聞けば
うなぎが食べたいとか言っている。
おばあちゃんに、おいしいもの食べると
元気になるよと言われたそうだ。
そりゃあ誰だってそうだろう・・・。

2010324DSC02268_thumb.jpg

川越、深井屋へ行ってみることにする。
建物は古町の景観にマッチした古そうな建物だ。
入口の暖簾をくぐるとちょっとしたアプローチがあり
小江戸川越の和風な雰囲気だ。

店内はカウンター5席、テーブル2卓、小上がり4卓
外観の古い感じとは違い、モダンシンプルな内装。
静かにゆったりした店内にはオルゴールのBGM。

メニューは、うな丼1600円、うな重竹2200円、松2800円。
肝焼き、かぶと、う巻きなど一品もあり。
他にはうなわさ丼、天丼、鶏丼や川越らしく芋粉入りのうどん「いもめん」
がメニューに並ぶ、うなぎが苦手な人がいても大丈夫だ。

若いカップル客が二組
観光地川越散策デートなのだろう。
おじさんは、どうもカップルの話に耳が傾いてしまう。
男性はうな重松、女性はうなわさ丼を注文する傾向のようだが
注文内容で二人の関係を勘ぐるおっさんがいるわけだ。

2010324DSC02290_thumb.jpg

待つこと20分、うな重登場。
皮は薄目でパリッとしている。
身は小さいながらもやや厚め、トロッとして柔らかい。
タレは醤油系辛め濃いめ。

2010324DSC02292_thumb.jpg

ご飯が見えている部分が多いところが、少々寂しいが
この値段だとこんなものかもしれない。
タレがご飯によく染みている。
肝吸いの肝は小ぶり。
食事が終わるころには、お茶のお代わりを持ってきてくれる。

2010324DSC02298_thumb.jpg

男子はうな丼、半身ながらこちらも、なかなか厚みのある身だ。
タレもたっぷりかかっていて、ご飯好きの男子にはちょうど良い。
お子様には、なかなかボリュームもあったようで、満足したようだ。
それならよい。




関連ランキング:うなぎ | 本川越駅川越市駅


スポンサーサイト

2 Comments

たるる  

埼玉で うなさがし!

いい情報ですね

今 埼玉で うまいとこないかな~って 調べて
ここにきました

喜代藤にヒット もっと新しい情報はないかな~って
こちらに 書き込みさせてもらってます。

僕は バイク乗りなので
前は 印旛の かどかわに行ってたのですが
値上がりしたので 近くでないか
検索してます。

2013/05/08 (Wed) 11:59 | EDIT | REPLY |   

うなたん  

No title

>たるる さま

はじめまして、コメントありがとうございます。

バイク乗りさんなんですね。
気候がよくなりましたから
埼玉と言わずちょっと遠出もよさそうですね。
ボリューム系がお好みと察しますが・・・?

2013/05/08 (Wed) 21:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment