うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

両國


両国駅を降る。
この街は江戸アピールが強い。
駅から歩いて2分ほど
路地をちょっと入ったところに、昭和レトロな看板と引き戸。
自動ドアは似合わない、創業1877年(明治10年)両國へ。

右にカウンター席10ほど、左には小上がり席2卓
二階には座敷席もあるようだ。
カンター内には店主と板さん、女将さんにカウンターの中央に案内される。

20130305DSC02227_thumb.jpg

メニューはうな重中2500円、上2900円、特3500円
肝焼き、鳥つくね焼きなど焼き物もある。

板さんの仕事をみながら待つ。
講談丼会というものを主催しているようだ
講談後にうな丼を楽しむ、粋だねえ。

常連さんらしき高齢のお客さんが入ってきた、若い女性を連れている。
店主と東京のうまいもの談義。
日本酒に肝やきを、若い女性とお召し上がりだ。

20130305DSC02229_thumb.jpg

常連老人の話を聞いているのはおもしろい。
ほほう、近所の会社の会長さんなんだ。
若い女性は税理士さんか、時期的にねえ。
しかしよく呑みよくしゃべるじいさんだ。
別に自分も仲間に入れてもらいたいわけではない、
ただ、若い女性と肝やきに日本酒で一杯やりたいだけだ。

20130305DSC02236_thumb.jpg

待つこと20分、うな重登場

皮は薄目で柔らか、脂ののりも程良い。
身の厚さは普通、柔らかい。
やや浅めの蒸し入れなのか、若干プりっとした触感を残す。
程良いジューシー感。

タレはさっぱりした辛口、ごはんはややかため
タレとのバランスもよい。

肝吸いは別、今回は注文せず。

20130305DSC02237_thumb.jpg

隣のじいさんと若い女性の会話がどうにも気になるがおもしろい。
高島屋の特別食堂の話とか、東京の空襲で焼け残ったところとか・・・。
こんなじいさんになりたいものだ。

つり銭はピン札、たまたまなのか毎日準備するのかは分からないが
気持ちのよいものだ。

昭和な居酒屋、カウンターで日本酒が似合う、うなぎ屋さんでございます。




関連ランキング:うなぎ | 両国駅森下駅浅草橋駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment