うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎの食文化 その1

日本人の食文化にうなぎが登場するのは、遺跡から発見された魚の骨の中に
ウナギのものも含まれていることから新石器時代頃と言われている。

「万葉集」759年(天平宝字3年)の中には、大伴家持が夏バテの石麻呂に詠んだ和歌が2首収められている。

「石麻呂に吾(われ)物申す夏痩せに良しといふ物ぞ鰻(むなぎ)漁(と)り食(め)せ」
(石麻呂さんにいいこと教えてあげますよ、夏痩せには、うなぎが良く効く薬だそうだから、鰻を捕まえて食べたらどうですか)

「痩す痩すも生けらばあらむをはたやはた鰻(むなぎ)を漁(と)ると川に流るな」
(そうは言ったけど、痩せても生きてればいいんだから。うなぎを獲りに行って、川に流されるほうが危ないから)

この時代から、うなぎは元気が出る栄養価の高い薬のような存在だったようだ。


京都が食文化の中心の時代が続き戦国時代。

関ヶ原以前の「鈴鹿家記」1399年(応永6年)に文献に初めて「蒲焼」という言葉が登場する。
「昔は鰻を長きまま丸で串にさして塩を付け焼きたるなり、
その形川辺などの生たる蒲の花の形によく似たる故にかばやきと云いしなり・・・。」
うなぎ長いままを丸々1匹串に刺し、塩をつけて焼い食べるというスタイルだ。

うなぎ蒲焼が花開くのは江戸中期以降になる、その2へ続く。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。