うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

川千家


柴又帝釈天門前 川千家。
創業は1772-1780年(安永年間)帝釈天門前の茶店として登場。
田沼意次が老中の時代の規制緩和で、江戸の世は景気がよく、
食いだおれ、飲みだおれがよしとされた時代だ。

20130305DSC02173_thumb.jpg

柴又駅で降りればよいのだが
京成高砂駅から昭和な高砂商店街をぶらぶら歩きながら帝釈天参道へ。
帝釈天参道には老舗が並ぶ、煎餅屋が多い。
寅さんのとらやもある。
天ぷらを揚げている香りが参道に広がる。
なんだかレトロなテーマパークみたいだ。
成田山の参道もこんな雰囲気だったなあ。
参道を奥へ進むと、古い木造の建物に蒲焼川千家と書かれた大きな看板。
存在感のある店だ。

20130305DSC02176_thumb.jpg

店内はテーブル席と上がり座敷席の広々としている。
二階には大小さまざまな広間もあるようだ。
シニア世代が、平日昼間限定の季節のランチを頼んで夫婦で一杯やっている。
お刺身、揚げ物、半鰻丼などが入り品数多く3500円。

急須が目の前に置かれ、お茶はセルフ。
気取らない下町スタイルだ。

うな重は2500円、竹3000円、松3500円。
グレードでうなぎの大きさが違うとのこと。
ひつまぶし、天重、鯉料理もある。
梅2500円にする。

店内には昔使っていたと思われる、古い木製看板がある。
テーブルには、うなぎについてのうんちく短冊がある。
おとなしく待つ。

20130305DSC02191_thumb.jpg

待つこと25分、うな重登場。
皮はやや厚め、脂のとろみあり。
身はふつうの厚さ、ややもっさり感があるがホクっと柔らか。
表面はややさくっと仕上げてある。
タレは醤油系辛目だが濃すぎず、全体的にあっさり素朴なうな重。

20130305DSC02195_thumb.jpg

肝吸いの肝は小ぶり、濃いめのだし汁。
歴史的テーマパークでいただく下町うな重でございます。
久しぶりの柴又、せっかくなので周囲を散策。

20130305DSC02222_thumb.jpg

観光スポットは多数、帝釈天をはじめ
江戸川に向かいながら、書院庭園の山本亭。
寅さん記念館、山本洋次ミュージアム。
さらに川べりまで行くと矢切の渡しの渡船場がある。
渡し船は土日のみの運行、対岸には野菊の墓文学碑などもある。
なかなか楽しめる古町だ。


お店のウェブサイト
http://www.kawachiya.biz/




関連ランキング:うなぎ | 柴又駅新柴又駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment