うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うな丼

宮川政運「俗事百工起源」1885年(明治18年)によると、天保年間あたりの江戸日本橋堺町(人形町)で、芝居の金方である、うなぎ好きの大久保今助が、葺屋町(人形町)の大野屋からよく出前をとった、その時に丼に飯を盛り、うなぎを入れさらにご飯を盛って、持ってこさせていたという。いわゆる、まむし丼だ。手軽な食べ方と、飯にタレがしみ込んだ味が人気となり、葺屋町(人形町)の大野屋が「元祖鰻めし」という看板で売り出したのが最初だと言う話。


うな丼発祥の地とする竜ケ崎市によると、前述の大久保今助の故郷は、現在の茨城県常陸太田市で、帰省の時水戸街道を牛久沼まで来て、茶店で渡し船を待っているときに鰻が食べたくなり、蒲焼きと丼飯を頼んだ。ところが、注文した品が出てきたときに船が出る時間となり、今助は丼と皿を借り、丼飯の上に蒲焼きののった皿を逆さにかぶせて船に乗り込み、対岸に着いてから土手に腰をおろして食べたという、すると蒲焼きが飯の温度で蒸されていて、より柔らかくなり、飯にはタレがほどよく染み込んで、これまでに食べたどこの鰻よりもうまかったという話などがある。

当時は、うな丼の客は店の二階の座敷には上げなかったようだ、
自宅で丼に飯を盛りうなぎ屋でうなぎを飯にのっけてもらい持ち帰るスタイルだったようだ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment