うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うなぎ割烹大江戸


神田駅東口を日本橋方面へ歩く
地下鉄新日本橋駅が最寄り駅となるのだが
天気も良いのでちょっと歩く。

20130305DSC02095_thumb.jpg

昭和通り沿いに、老舗の風格が漂う小豆色の建物。
暖簾をくぐると正面の入り口はお座敷用だ。
右手の御食事処と書かれた自動ドアを入る。
右手一列にボックス席が並び、
それぞれのボックス席は暖簾で仕切られている。
半個室席の中には、浮世絵などが飾られている。
うなぎ割烹大江戸の創業は1800年頃(寛政年間)という老舗。
年季の入ったテーブルだ。

20130305DSC02107_thumb.jpg

着物を着た店員さん、鮮やかなブルーの着物が印象的。
メニューは豊富。
割烹料理屋らしく季節の料理などがある。
日本酒の品ぞろえも豊富だ。
うな重は、ふみづき2310円より、ながつき、しもづき、
やよい5460円、むつき、極上7560円とある。
グレードでうなぎの大きさが違うとのこと。
”しもつき”までは一尾で、それ以上は一尾半のうなぎを使うとのこと。
うな丼もあり、大丼3780円より、平日限定のいかだ大丼がある。
土曜日限定のメニューに3本いかだがある、豪快にいただいてみたいところだ。
肝吸いは別250円。
赤出汁か肝吸いか選ぶのだが迷った末、ふみづき2310円と肝吸いをお願いする。

20130305DSC02115_thumb.jpg

待つこと10分、うな重登場
皮はやや厚めだが柔らかい。
身はふつうの厚さ、表面をややパリッと仕上げてあり、フワッとした身だ。
タレは甘辛ほのかに甘め、くどくなくさらっとしたタレだ。
皮目の脂ののりも程良く、身はふわりとトロッとする。
うなぎとタレのバランスがよい。

20130305DSC02117_thumb.jpg

うなぎに対してご飯はやや多め、”ふみづき”だからかもしれないが。
肝吸いの肝は小ぶり、出汁の風味よく、味付けは薄め。
肝吸はいいらなかったかなあ、赤出汁にすればよかったか・・・。

江戸時代からの老舗うなぎ割烹。
麻布の野田岩や、浅草のやっ古などと創業時期は近い。
お江戸日本橋の、さらっといただくうな重でございます。




関連ランキング:うなぎ | 新日本橋駅小伝馬町駅三越前駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment