うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

加和奈


やはり浜松まできたのなら関西風をいただきたい。
そして、ノンアルでいいのでビールが飲みたい。
創業は1975年(昭和50年)の加和奈に行く。

20130222DSC02030_thumb.jpg

純和風な建物、入り口付近には松。
店内はコの字型のカウンターに15席ほど
小上がり2卓、和室個室もある。
水槽には鰻がたくさん入っている。
有名人などの色紙も多数壁に飾ってある。
おひとり様なのでカウンタ席に座る。

20130222DSC02036_thumb.jpg

ノンアルビールをお願いする。
お通しには鰻の骨。
一杯のみながらメニューを見る。
うな重は上2,650円、特2,950円、三段重4,850円
特三段重5,450円、お子様丼があるのが子連れには嬉しいだろう。
うな重とのセットなどもあり、単品でうなわさ、肝焼きなどがある。

20130222DSC02047_thumb.jpg

肝焼きと蒲焼をお願いする。
お通しが無くなるころに、肝焼き登場。
串から外され皿に盛ってある肝はなかなか大ぶりだ。
苦みや臭みもなく、ひかえめなタレでいただく。
串で食べるのもよいが、箸で食べるのは食べやすい。

20130222DSC02049_thumb.jpg

肝焼きが無くなるころ、蒲焼が登場。
出てくるタイミングもよいねえ。
皮はパリッとしていて、表面はサクサクの身。
身はやや厚め、プリッとした感じはなくトロッとしている。
タレは甘辛甘めだが、濃すぎない。
パリサク中トロ、脂のノリもほどよく、トロッとしたこってり蒲焼。
関西風は尻尾がうまいなあ・・・。
ノンアルビールのつまみとしては贅沢だ。

20130222DSC02052_thumb.jpg

会計の時に厨房をのぞきながらご主人に聞いてみた。
あまりにトロッとしているので蒸してないんですよね
と聞いてみた。
地焼というとプリッとした蒲焼を思うのだが
こちらはトロッとする・・・。
鰻の質と焼の加減によるのだそうだ。
なるほど、養鰻業のオーナーも養殖池によって
鰻の質が違うと言っていたなあ。
池の水質と温度、飼料の配合具合で違うと言っていた。
同じ地焼でもいろいろあるものだと、奥深さを再認識する。




関連ランキング:うなぎ | 遠州上島駅



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment