うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

鰻禅


寒い冬の雨の中、浅草吾妻橋を渡る。
東武線浅草駅からは10分はかからない、鰻禅へ。

20130216DSC01574_thumb.jpg

藍の暖簾をくぐると、店主と女将さんが迎えてくれる。
カウンター6席、2人テーブル2卓
奥には小上がり1卓がある。
暖房のよくあたるテーブル席に座る。

20130216DSC01581_thumb.jpg

メニューはシンプル、うな重上2,500円より
特上3,000円、二段重5,500円とある。どれも肝吸い付。
グレードでうなぎの大きさが違うとのこと。
うな重特上をお願いする。
ちょっとお時間かかりますけどと、女将さん。
おとなしく待つことにする。

20130216DSC01582_thumb.jpg

調理場には立て場がある。
店内を眺めながら待つ。
昭和レトロな雰囲気の店内の壁には
サインの入った色紙なども飾られている。
日本酒の品ぞろえが渋い、
埼玉蓮田の地酒、神亀とひこ孫
佐久の地酒、牧水が並ぶ、なんともマニアック。

おう、と言いながらお客さんが入ってきた。
下町の挨拶は「おう」なのだ。
どうやら近所の社長さんのようだ。
香ばしい香りがしてきた、もうすぐだ。

20130216DSC01585_thumb.jpg

待つこと30分、うな重登場。
皮は薄くて柔らかい、とろけるような皮だ。
身はやや厚め、フワッとトロッとしている
表面ややサクッと仕上げてある。
程よい脂ののり、くどすぎずあっさり過ぎず。
タレはコクのある醤油系濃いめ。
身にもタレが染み込んでいる。
ご飯とのバランスも良い。

20130216DSC01592_thumb.jpg

プリッとした肝入りの肝吸い。
東京下町系、醤油のかかった漬物。
ご飯の量はやや少なめだが、
蒲焼との量のバランスがちょうど良い。

重箱の蓋に宮川の文字がはいっている。
ちょっと気になったので店主にお聞きした。
店主が最後に修行した店が
新宿十二社宮川だったとのこと。
新宿の十二社とは現在の新宿中央公園の西側
新宿4丁目あたりだ、戦前は花街で賑わったところのようだ。
そして、店主が浅草で独立出店する際に
新しく重箱を購入するのは金がかかるからと
宮川の重箱を頂いたのだそうだ。
綺麗に磨かれていたので気が付かなかったが
よくみるとたしかに、年季の入った重箱だ。

20130216DSC01595_thumb.jpg

この地に独立して店を出した
お客さんからタレが辛すぎると
言われたのだそうだ。
宮川の流れなのだから
タレは醤油系の辛口濃いめ。
そして、タレに隠し味程度に
少々の砂糖を加え、改良を重ね
現在の旨味のあるタレに辿りついたのだそうだ。

どの店にも歴史ありなのだなあ
いい話を聞かせていただき感謝でございます。
夫婦で切り盛りする人情溢れる地元に愛されている鰻屋さんだ。




関連ランキング:うなぎ | 本所吾妻橋駅浅草駅(東武・都営・メトロ)とうきょうスカイツリー駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment