うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

鰻割烹 大和田


大和田と名のつく鰻屋をよく見かける。
嘉永5年(1852年)の江戸前大蒲焼番付表には
尾張町の大和田をはじめ10軒ほどの大和田が
行司として掲載されている。
江戸時代の大蒲焼屋チェーンだったようだ。

20130208DSC01527s.jpg

現在この大和田という店名が多いのにも諸説あるようだ。
江戸中期に千葉の大和田出身者が創業したのではないかとか。
摂津国佃村と大和田村(大阪府大阪市西淀川区)の漁師が江戸に移住し
その土地には佃島(東京都中央区佃)と名付けられ、
その漁師たちの始めた蒲焼屋が大和田と名乗り
暖簾分けによって大和田とおいう店名が多かったという説もある。

そんな「大和田」への興味から
新橋の鰻割烹 大和田へ行ってみることにする。
創業は明治26年、尾張町大和田より暖簾分けを許され有楽町にて開業、
大正末期2代目浅井より暖簾を引き継ぎ、戦前は12の多店舗展開
当時の本店は新宿にあったが、昭和6年開店の新橋店に力を入れ
戦後は本店を新橋に移し、現在に至るのだそうだ。
系譜的には数ある大和田では一番古いようだ。
新橋店と銀座コリドー店の2店舗がある。

20130208DSC01513s.jpg

新橋駅日比谷口を出てカフェPRONTの細い路地を入る
駅から1分程度歩くと”うなぎ”のノボリが見えてくる。
店内はボックス席とテーブル席
他に座敷個室もあるようだ。
昼過ぎだが席は半分ほど埋まっている。
男性店員はブラックのフォーマルスーツ
女将さんは着物姿で接客している。

メニューはうな重梅2,300円から
竹3,500円、松4,600円、特上5,800円。
7月から値下げしたと書いてある。
グレードで鰻のサイズ大きさが違うとのこと。
吸い物はつくが肝吸いは別料金。
竹3,500円をお願いする。
他には、ひつまぶしなどがある。

20130208DSC01516s.jpg

待つこと7分、うな重登場。
皮はやや厚めだが柔らかい。
身はやや厚め、トロッとした身だ。
表面をパリッと仕上げてある。
脂のノリはよく、かなりボリューム感がある。

20130208DSC01523s.jpg

タレは醤油系やや甘目濃いめ。
ご飯の炊き加減はちょうど良い。
お麩が入った柚子風味の吸い物がつく。
江戸の老舗の流れというと
あっさりした蒲焼を想像するのだが
なかなかボリュームのあるこってり系のうな重だ。

会計時に女将さんに「大和田」について聞いてみた
昔の暖簾分け制度によるもののようで・・・。
やはり江戸時代からの流れまでは不明のようだ。
鰻大和田を巡ってみても面白いかもしれない。


お店のウェブサイト
http://www.unagi-oowada.com/



関連ランキング:うなぎ | 新橋駅内幸町駅汐留駅


スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/19 (Tue) 22:46 | EDIT | REPLY |   

うなたん  

Re: No title


お久しぶりでございます。
ご指摘ありがとうございます。
さっそく修正いたしました。

貴重なうなぎ
お早めに召し上がることをおすすめいたします。
奥様のおすすめの鰻屋も興味ありますねえ。

2013/02/20 (Wed) 08:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment