うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

色川


創業は文久元年(1861年)
あの桜田門外の変のあった翌年、幕末だ。

東京メトロ銀座線の浅草駅を下車し
吾妻橋交差点から駒形橋西詰交差点を曲がる。
ちょっと先の路地を入ると色川がある。

20130208DSC01475s.jpg

開店10分前だが、店の前には人が並んでいる。
並ぶのは苦手なので、ちょっと周辺を散策してみる
提灯や酒屋、江戸友禅の看板を見ることができる。
路地裏でも浅草らしい雰囲気を感じることができる。
ちょっと店の様子を見てみる
地元のお客さんが、鰻を持ち帰りで取に来たようだ。

20130208DSC01479s.jpg

並んでいる人がいなくなった。
店の引き戸を開けると、満席とのこと。
店の前で待つことにする。
鰻を焼く香ばしい煙と
店主の元気な声が店の外まで聞こえる。
5分ほどして中に入る事ができた。

店内はカウンター5席、テーブル2卓
奥にも席があるようだ。
カウンター席に案内される。
メニューは、うな重大3,500円、小2,500円
他には肝焼き、焼き鳥と店内に張られている。
うな重大3,500円をお願いする。

少々狭いカウンター席、
目の前で店主の仕事を見ながら待つ。
蒸しあがった鰻を、焼いて団扇で扇ぎ
タレにつけ、そしてまた焼く。
この一連の仕事に無駄がないなあ。
次々と焼かれていく。

店主もお客さんと気さくに話をする。
遠方からのお客さんが多いようだ。

20130208DSC01487s.jpg

待つこと10分、うな重登場。

皮、身とも柔らかい。
身の厚さは普通、ホクッと柔らかい身だ。
タレは醤油系キリッとしたタレ、味醂の効いた濃いめ。
鰻、タレ、ご飯となかなかバラスの良いうな重だ。
ご飯の量はやや少なめだが、自分的にはこれくらいでよい感じだ。

吸い物には肝はなし、海藻の吸い物だ。
漬物には奈良漬が入る。

20130208DSC01489s.jpg

混雑する時間帯は相席も必至のようだ。
しかし、皆食べるのが早い。
サッと食べてサッと店を出る
これが下町の粋なのかもしれない。
店を出るまでに何度も
「ありがとうございますっ」
と元気に言う店主、とても丁寧だ。



関連ランキング:うなぎ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment