うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

金箱


東武伊勢崎線県駅から足利市まで散歩の予定。
昼食には、日光例幣使街道沿いにある金箱をに行ってみることにする。
田んぼの中にある県駅から歩いて40分ほど
田んぼの農道を歩くので、土地勘がないので大回りをする。
普通は車で行くような場所だ、店舗前に3台ほど駐車できる。

20130131DSC01327s.jpg
店主に元気に迎えられる。
和風シンプルな綺麗な店内。
店内は2テーブルと隣には20名ほど宴会ができる座敷がある。
女将さんがお茶とメニューを運んでくる。

20130131DSC01329s.jpg
うな重は1,800円より上うな重は2,500円
なにより目についたのは特上うな重2,700円
鰻三尾分の最上身で作った、とある。
しかも数量限定で肝吸い付、興味があるなあ。
上うな重との違いは、鰻の質も量も違うとのこと。
特上うな重2,700円をお願いする。
他には天重、とり重、なまず、鯉のあらいなどがある。

20130131DSC01334s.jpg
間もなくサラダが運ばれてくる。
鰻屋でサラダが出るのは珍しいのだが
うな重だけでは野菜不足になるので、ありがたい。

20130131DSC01340s.jpg
待つこと30分、うな重登場。
二段重で登場。下の重にはご飯、上の重に蒲焼。
皮はパリッと仕上げ、身はかなり厚め。
尻尾の部分はなく、肉厚な胴の身だけを使っている。
身の表面はパリッと仕上げてあり、トロ~トロ~とした身だ。
しっかり脂がのった身のトロトロ感はボリュームあり。
こってりとした鰻だ。

20130131DSC01342s.jpg
店主によると蒸入れに20分かかるとのこと。
タレは醤油系やや甘目。
ご飯はやや柔らかい。
小鉢に揚げ鶏皮のあえもの。

20130131DSC01345s.jpg
肝吸いの肝は大ぶりのものが入っている。
食後にはパイナップルのデザートがつく。
ボリューム感あり満腹になる。
20130131DSC01354s.jpg
美味しくいただき、
店主に足利市まで歩くと話す。
いろいろな道順を丁寧に教えてくれる。
渡良瀬川沿いに行くとよいようだ。
アットホームで、どこかほっとする鰻屋さんでございます。



関連ランキング:うなぎ | 県駅


スポンサーサイト

2 Comments

NOVI  

No title

おはようございます

こちらで既に特上でしたか!!

さすがです...

NOVI

2013/02/07 (Thu) 20:08 | EDIT | REPLY |   

うなたん  

No title

>NOVIさん

コメントありがとうございます。
どうにも気になってしまったので
一足お先に特上をいただいてまりました。

2013/02/07 (Thu) 20:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment