うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

宇奈とと 浅草店


どうやら、先週お子様にスカイツリーを見に行こうと
言っていたらしい・・・。
のんびりした日曜の朝を過ごしていたのだが、言われて思い出した。
お子様女子一人と散歩に出かける。

大宮あたりから浅草方面に行くのには、交通的にはちょっと不便だ。
とりあえず、王子まで京浜東北、王子から都電で三ノ輪橋。
これが失敗、都電はノロい。
北千住に出て、東武線に乗る。
都電でえらく時間を使ってしまい、もう昼過ぎだ。
休日のスカイツリーでは混雑してて昼食など
食べられそうもないので、浅草まで行き食事をしてからにする。
20130127DSC01281s.jpg

浅草駅で下車。
松屋の出口を出て、何を食べようかと一応聞いてみる。
なんだか、周囲は炭焼きの香ばしい香り。
鰻が食べたいという女子。
何を言ってるんだこの子は、鰻は高価なんですよ。
この香りの方向に歩いていく女子。
そこには宇奈とと 浅草店。
20130127DSC01261s.jpg

2000年あたりに登場した
ワンコインうな丼の宇奈ととだ。
なるほど、これなら願いを聞かないわけでもないぞ。
店頭で炭火を使って鰻を焼いているのが見える。
昼過ぎだというのに店内もお客さんでいっぱいだ。
焼いているところを眺めて思案していると
女子は既に店内に入っている、こういう時だけは行動的なんだな。
20130127DSC01263s.jpg

ちょうどカウンター席2席が空いた。
店内はカウンター7席、2人用テーブル4卓
細長い鰻の寝床のような店内。
席に座ると、うな丼ダブル1,000円が目に入る。
うなめしは500円、なるほどワンコインだ。
うな重は800円から1,500円まで
鰻の量が違うようだ。
20130127DSC01264s.jpg

せっかくの日曜日ですから生ビールを頼む。
ジョッキを冷やしておいてくれるとありがたいのだが。
そして、肝焼きと、宇奈くしも注文する。
あと、うな丼ダブルとうな重は800円。
20130127DSC01272s.jpg

まもなく生ビールが登場。
女子のお茶と乾杯。
3分後にうな重登場、そしてうな丼ダブル。
肝焼きが早く欲しいんだが・・・。
その1分後に肝焼き、宇奈くし。
20130127DSC01275s.jpg

うな重は肉厚の鰻のしっぽの部分がのる。
うな丼ダブルは肉厚な腹部分の身が二切れ。
この二切れがダブルという意味か・・・。
ご飯の盛りは多め、タレ瓶も置いてあり自分で加減する。
宇奈くしは、うな丼ダブルの一切れ分が串に刺してある。

生ビールと肝焼きでいい気分になる。
なんとかお子様女子の願いは叶えられた。
お値段なりのお味ではあるが
鰻価格の高騰の中、よくこの値段でやっているなあと思う。

このあと、吾妻橋を渡り
歩いてスカイツリーを目差す。
吾妻橋の鰻禅を横目に見ながら・・・。


お店のウェブサイト
http://www.unatoto.com/



関連ランキング:うなぎ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)本所吾妻橋駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment