うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

蒲焼食品サンプル

以前から
鰻の蒲焼のストラップが欲しいなあと思っていた。

今日は新潟からのお客さんを東京案内中。
彼がかっぱ橋の道具街に行ってみたい
というのでご案内。
食品のサンプルが見たいのだそうだ。
自分もそういうものには興味がある。

20121221DSC00812s.jpg

かっぱ橋で見つけた
蒲焼のストラップ。
色艶といい、細かいディテールを
再現してあります。
皮目のほうもじつにリアル。

20121221DSC00806s.jpg

さらに店内で見つけた
ミニうな丼の食品サンプル。
タレが染み込んだご飯の感じなど
うまそうだなあと、購入してしった。

通常のお店のウインドウに置くような
実物大の食品サンプルもあり
しかしお値段が・・・
七千円くらいしておりましたな。

20121221DSC00771s.jpg

他に何軒か食品サンプルのお店を物色したが
蒲焼の色艶やディテールが一番近く
ついミニうな丼まで買ってしまったのは
こちらのお店「サトウサンプル

店主に、もうちょっと小さい蒲焼のサンプルはできないのか尋ねたのだが
この蒲焼のストラップの大きさまでが限界なのだそうだ。
これ以上、小さくなると色合いや細かい表現が難しくなり
職人として納得がいくものができなくなってしまうとのこと。

作業的には
原寸大の蒲焼から型を起こしていくのだそうだ。
その型をちょっとずつ縮小していくことで
小さいサンプルを作っていくのだという。
サンプルが小さいほど型が必要だということだそうだ。

なんだかいろいろ話を聞かせていただいてしまったのだが。

このお店の始まりは
先代がものづくりが好きで
座敷で使用する肘掛を作っていたのだそうだ。
しかし戦時の物資不足で
肘掛の制作は困難になってきた
そこで、ものづくりを続けたいと願う先代は
職人を集めて知恵を出し合ったのだそうだ。
蝋を使って食品サンプルを作ろうとなったのだそうだ。

その時の、打ち合わせの会場が鰻屋だったのだそうで
鰻屋の店主から、うちの鰻のサンプルを作ってみれば
というところが始まりなのだそうだ。

そんな創業の歴史もあり
鰻のサンプルには一層こだわりがあるんですと店主。

店に歴史あり技にも歴史あり。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment