うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

備長炭火焼 昭和ホルモン苑

もう、12月なんですな。
どうも寒いと思ったらそのせいだったんだ。

師走と言えば忘年会、一応ね。
本日、おやじバンドの忘年会ということで
スタジオ練習もそこそこに会場へ移動。

20121215DSC00530s.jpg

肉が食べたいってことで備長炭火焼 昭和ホルモン苑へ。
店名にも入っている通り、コンセプトは昭和。
ひと昔、街角で見かけた看板で店内装飾されている。

20121215DSC00535s.jpg

まず、一杯。
このキンキンに冷えたジョッキが好きだ。
中のビールがちょっと凍るくらいの、シャリビール。
家飲みとの違いは、この生ビールがいただけるかどうかも重要ポイントだ。

20121215DSC00545s.jpg

メンバーの一人は飲まない、というか飲めない。
だから、この後運転手もやる、そしてマメに肉も焼く。
焼く肉のセレクトもお任せなのだ。

20121215DSC00547s.jpg

こうやって焼いてくれるんですよ。
さらに、焼けるとそれぞれの皿に盛ってくれるんですわ。
これありがたいですな。
おかげで、酒と話に集中できる、酒もすすむ・・・。

20121215DSC00547s.jpg

お通しからして旨い。
モツ煮も柔らかく良い味。
ホルモンっていうと若干噛めないイメージがあるが柔らかい肉。
味噌だれのホルモンは焦げやすい、
網の隅で焼けっているのだが焦げたのをよこす。
これくらいが丁度よいのだとか・・・
これは焼き手の客の問題。

20121215DSC00549s.jpg

だから、火が強いって言ってんだが。
まあ、焼いてもらって、取り分けてもらって、車出してもらって・・・
文句は言える立場ではない。

ちょっとホッピー飲みすぎたなあ。
北越谷駅からちょっと離れた住宅地にある
ちょっとイケてるホルモンやでございます。




関連ランキング:ホルモン | 北越谷駅



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment