うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

きわい家


両親の病院通いに付き合う。
自宅近くの病院なので、自動車を出して送ることにする。
めったにやらない、珍しいことだ。
実家に送る途中、食事でもご馳走することにする。
なんでもよいということだったが、鰻が食べたい。
このところ、忙しかったりで久しぶりの鰻だ。
やはり鰻は時間のある時にのんびりいただきたい。

先日喜寿を迎えたような老夫婦である。
適当な店はないものか・・・・。
岩槻区の元荒川沿い武蔵第六天神近くの川魚料理屋を思い出す。
この界隈には老舗の川魚料理屋が3軒ある。
そのうちの一軒に電話するがつながらず。
とりあえず、現地に行ってみると、
電話をした一軒は臨時休業の看板。
お隣のきわい家さんには営業中の看板が出ている。
3名入れるかと聞くと、どうぞとのこと。
もの静かそうな女将さんが対応してくれる。

20120829DSC06113s.jpg

天神前にも車2台ほど駐車できる。
県道側が表玄関、そちら側のほうが、駐車台数は多い。

20120829DSC06114s.jpg

長い通路を女将さんに座敷のある建物案内される。
古そうな重厚な建物だ。
襖で仕切られた、座敷個室でいただくことになる。
この襖を開けば、大広間にもなるようだ。
一昔前は結婚式や宴会などで賑わったと想像する。

20120829DSC06115s.jpg

女将さんがお茶を入れてくれる。
瓶ビールと、ノンアルコールのビールをお願いする。
いまどきは、ノンアルコールビールを置く店も増えた。
ちょっと雰囲気が味わえればいいのだ、酔っぱらう必要はないのかもしれない。

20120829DSC06126s.jpg

メニューは
うな重はグレードなく、特上2800円のみ。
ナマズの天ぷら、鯉のあらい、鯉こくなど川魚料理屋らしいメニュー。
ほかにも予約専用のメニューなどもあり。

待つこと、30分。うな重登場。
この待ち時間も、和室個室ならではの静かさ。
20120829DSC06131s.jpg

皮はパリッと仕上げてあり
身はやや厚めで、トロッとしながらも脂のジューシー感あり。
なかなか脂ののっている鰻だ。
タレは甘辛系、やや甘目だがくどすぎず。
鰻のボリューム感を楽しめる。

20120829DSC06134s.jpg

肝吸いつき。
ぷりぷりとした肝、お味も上品。
食後には柑橘系もあり。

建物は古いながら趣もあり、こぎれいにしている。
和室個室でしっぽりといただく、ボリュームのあるうな重。
美味しくいただいた老夫婦も元気が出たようで、なにより・・・。




関連ランキング:うなぎ | せんげん台駅武里駅大袋駅



スポンサーサイト

3 Comments

いもずるマスクマン  

No title

お久しぶりでございます。
今年の夏は暑かった。
イヤもう九月だというのにまだまだ暑い。
困ったものです。
そこに来てうなぎの高騰。うなぎ博士としては大変な夏でしたね。

でも、こんな立派なお店で立派な親孝行が出来てよかったですね。
さぞかしご両親様も喜んでいらっしゃる事でしょうね。

今年の夏は暑さのあまり自転車もかなりご無沙汰でございます・・・

2012/09/04 (Tue) 09:13 | EDIT | REPLY |   

ゆぽんた  

No title

>いもずるマスクマンさま

コメントありがとうございます。

ご無沙汰いたしました。

今年は暑かった・・・・
うなぎ価格も熱かった。

自転車どころではなかったですよ
もうちょっと時間ができたら乗りたいところ
あ、たしか今年の目標は峠とか言ったけ・・・

今週末はよろしゅうお願い申し上げまする。

2012/09/04 (Tue) 20:16 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013/07/06 (Sat) 16:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment