うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

とうふの蒲焼

このところ鰻を食べに行けていない。

スーパーに行くと
蒲焼売り場を必ず見てしまうのだが
去年あたりから
鰻の蒲焼が姿を消している
代わりに?
アナゴの蒲焼やらさんまの蒲焼やら。

鰻の蒲焼もないことはないのだが
お値段高騰中。

20120723DSC06013s.jpg

今日、なんとなく
売り場をのぞいていると
蒲焼580円。
しかも、なかなか大振り。
迷わず買い物かごにいれる。
しかしなんだか違和感を感じて
よく見ると「とうふの蒲焼」とある。

20120723DSC06020s.jpg

家に持ち帰り冷蔵庫に入れる。
お子様たちに見られる。
「鰻だ!やったー」
「・・・・」
冷蔵庫をみた奥様
「スーパーで鰻なんて珍しいね。」
「・・・・」

どうでみても鰻の蒲焼。
黒くなっているのは鰻の皮
コレ海苔で作ってある、なかなか手が込んでいる。
身の感じもよくできている。

夜の食卓に出したのだが一同
「・・・・」

お味も悪くない。

蒲焼のリアルな質感にアッパレ。
こういうことを水産会社がやっている。
大丈夫なのか?鰻業界・・・・。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment