うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

舎人亭


守谷での仕事帰りに立ち寄った舎人亭。
駐車場は店の裏側の通沿いにある。

店内はテーブル4卓、座敷席多数。
おじちゃん、おばちゃんという感じの夫婦で営業しているようだ。
先客は生ビールに焼き鳥、居酒屋スタイルだ。
席に着くと、おばちゃん・・・いや女将さんから
お茶にするか水にするか聞かれる。
水を頼むと、焼酎サワーを入れるような大型のグラスで出てくる
水飲み者としてはありがたい。

メニューは焼き鳥系の串焼きとおつまみ系がずらりとならび
定食系もいろいろそろっている。
うな重は1500円より上うな重は1850円となかなかリーズナブル。
気さくに世話を焼いてくれる女将さんに、上うな重をお願いする。
20120525DSC05698s.jpg

待つこと20分、うな重登場。
このとき、厨房の奥のほうから、「うな重お待ちどうさま」と店主の声。
さらに「ごはん多めに入れときました!!」と。
体つきを見て大盛りにしてくれたのだろうか・・・?
20120525DSC05701s.jpg

皮は柔らかく、浅い蒸加減なのか、柔らかい身にプリッとした感じがある。
厚さは、お値段からするとやや厚めか??
最近、このへんの基準が変わってきている・・・。
このところの価格高騰を考えると、このお値段ではやや厚めに相当するだろう。
皮目の脂はそこそこだが、ジューシーな身だ。
タレは甘目濃いめ。
大盛りのご飯もすすむ。
20120525DSC05702s.jpg

味噌汁がつく、豆腐となめこの味噌汁だった。
なかなかカツオだしがでている。
漬物の塩加減も辛すぎず。

大盛りにしてくれたおかげで満腹。
このお値段でこのボリューム感はよい感じだ。
2000円以下で上うなぎは嬉しいところ。
店主と女将さんの、ちょっとした口げんかも聞ける
アットホームな焼き鳥串焼き居酒屋である。



関連ランキング:うなぎ | 南守谷駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment