うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

若松家


買物の帰りに気まぐれで入ってみる。
桶川の細い路地を入っていく。
駐車場は店から50メートルほど離れる。

20120416DSC05458s.jpg

店内はカウンター4席、小上がり4卓ほどか。
女将さんに小上がりに案内される。
メニューはうな重2100円から特上2800円。
特上とは鰻の大きさが違うとのこと。
特上はこれから裂くので時間がかかるのだそうだ。
特上をお願いする。
メニューはさげられてしまうので
他のメニューはよく見ていない。

女将さんから新聞でもどうぞとスポーツ新聞を渡される。
店内に4/1より価格改定の張り紙がある。
稚魚不漁でどこも値上げが避けられないようだ。
おとなしく待つ、落ち着く店内だ。

20120416DSC05452s.jpg

待つこと40分、うな重登場。
皮はしっかりした感じ、身の厚みは普通、やや厚いか・・・。
身は柔らかい。

20120416DSC05449s.jpg

皮目の脂のノリがあるが、しつこくないボリューム感。
タレは甘辛濃いめ。
ご飯は、かための炊き具合。
濃いめのタレがごはんによくしみている。

20120416DSC05457s.jpg

旧中山道桶川、路地中の街の鰻屋さん。




関連ランキング:うなぎ | 桶川駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment