うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎ・ふぐ大千里


中央林間からの帰り、
道に迷い小田急相模原の駅に出た。
ふぐ、うなぎの看板につられ
駐車場を探してコインパーキングに車を置き
うなぎ・ふぐ大千里へ。
私鉄沿線らしい閑静な住宅街にある。
実はこの大千里の裏にも同じく、ふぐ・うなぎの店がある。
少々迷ったがこちらにしてみた。

店内は小上がり2卓、テーブル1卓
2階には宴会場もあるようだ。
カウンターがあり、寿司屋の雰囲気だ。

メニューはうな重(松)2200円、(菊)2880円、(桐)3150円
うなぎの量が違うとのこと。
ふぐ料理をはじめとする季節料理各種あり。
宴会用コース料理もあり。
奮発気味に(桐)3150円を注文する。
20111007DSC03426s.jpg

活きうなぎを調理して焼きあげていますという。
水槽には鰻が5匹ほど入っている。
期待が高まる。
20111007DSC03429s.jpg

待つこと15分、うな重登場。
皮身とも柔らかい、少々ぐにゃり気味。
身の厚さはやや厚め。
ほどほどの脂のノリ。
タレは甘辛系。
ごはんはやや柔らかめか、
自分は堅め好みなので普通かもしれない。
マグロがついてくる。
肝吸いの肝はやや大ぶりだ。
20111007DSC03430s.jpg

箸袋などは丁寧に手作りされている。
夫婦で営む地元密着アットホームなお店だ。
20111007DSC03431s.jpg



関連ランキング:ふぐ | 小田急相模原駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment