うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

鹿島園


成田からの帰り道、成田街道。
佐倉界隈で川魚料理店を発見。
秋は陽が落ちるのが早い。
このあたりで夕食としておこう。

うな重は1700円のみ。
他には天婦羅、鯉などがあり
鰻の天婦羅もあるのは珍しいかも。
なるほど、川魚料理屋らしいメニューだ。
20110930DSC03410s.jpg

待つこと10分、うな重登場。
腹が減っておいるときに、素早い登場はありがたい。
皮は柔らかい、身の厚みは普通で柔らかい。
フワッとトロっとした感じではなく
ややプリッとした感じを残しつつも、柔らかい。
脂のノリは少々。
タレは甘目というか甘い、蜜タレ。
ごはんの堅さも丁度よく好みだ。
20110930DSC03415s.jpg

なにしろ1700円のうな重である。
もうちょっと上のグレードで厚めの
うなぎがあるとよいのだが。
20110930DSC03420s.jpg




関連ランキング:うなぎ | 京成佐倉駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment