うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

角喜鮨


八王子片倉駅近くにある、角喜鮨。
実はこちらに訪問したのは、ブログ前記事で
天然鰻の試食会ということでH氏が段取りを組んでくれたのだ。

試食会の合間に握りをいただいた。
前半は若大将、後半は大将が握る。
20110829DSC02290s.jpg
駐車場は店を挟んだ向かいに2台ほど置ける。
店内はカウンター6席ほどと、小上がり3卓ほど。
ネタの並ぶ、カウンターでいただく。
20110829DSC02295s.jpg
店内の掲示板にお勧めのネタと価格が表示され明朗会計。
お任せで握ってもらう。
肉厚で綺麗な赤貝だ、甘い。
20110829DSC02296s.jpg
シャリとネタのバランスも良い。
ネタの旨みが引き出される。
20110829DSC02326s.jpg
現在の大将は二代目なのだそうだ。
若大将が三代目。
一代目は漁師さんからの創業なのだそうだ。
後継者問題に悩むお店が多い中、幸せなお店だ。
20110829DSC02329s.jpg
シンコ。
お任せすると、ネタの内容も順番もお任せだ。
予算などあらかじめ言っておくと、お互いに安心だろう。
カウンターはコミュニケーションの席だ。
自分の好みも伝えると当然応えてくれる。
20110829DSC02333s.jpg
よく脂ののったイワシ。
これはいくつでも食べたくなる。
どのネタにも甘み、旨みが感じられる。
20110829DSC02347s.jpg
小柴の蝦蛄。
蝦蛄がこんなに旨いものとは知らなかった。
以前、瀬戸内の寿司屋で蝦蛄をいただいたことがあったが、
その時は、そんなに旨いものとは思わなかった。
ほくっと甘いのである。
20110829DSC02355s.jpg
雲丹。
てんこ盛りでボリュームがある。
旨いねえ、好きなものを食っている時が一番幸せだ。
そのために、働くのかなあ・・・。
20110829DSC02363s.jpg
とりがい。
ちょっとした、ひと工夫が嬉しい。
20110829DSC02367s.jpg
マグロ赤身づけ。
なかなか食べ応えアリ。
20110829DSC02373s.jpg
ぼたんえび。
イクラがのり贅沢な味わい。
のっかているイクラも旨いねえなんて話をしていると
自前で醤油づけにしているのだとか。
20110829DSC02375s.jpg
イクラ軍艦もいただく。
腹もいっぱいになってくる。
20110829DSC02389s.jpg
東京築地に行かずとも旨い鮨は食えるのかもしれない。
自分好みの寿司屋って意外とご近所に身近にあるのかもしれない。
寿司屋のカウンター席はバーと同じだ。
何食べたらいいか分からないときは、大将に聞けばいい。
きっと、その時、その人に合ったものを、考えてくれるのだろう。
そんな、やりとりやコミュニケーションもそのお店の魅力なのだろう。

気さくな大将と若大将。
いい笑顔をしてらっしゃいますな。



関連ランキング:寿司 | 京王片倉駅片倉駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment