うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

赤坂ふきぬき新宿タカシマヤタイムズスクエア店


午後から新宿で仕事。
その前に昼食をと、新宿高島屋タイムズスクエア14階
創業大正12年という赤坂ふきぬきへ行く。
20110823DSC02132s.jpg
いつもの下町系一軒家鰻屋とはちょっと雰囲気が違う。
14階だけあって眺めがよい。
20110823DSC02137s.jpg
スタッフも大勢いて、いろいろ面倒をみてくれる。
テーブルは10卓ほど、半個室が3卓ほどか。

お客の年齢層は高め。
メニューを見ると、うな重2800円程度から極上5800円までのラインナップ。
お値段は高めだ。
ランチメニューのひつまぶし2200円を注文する。
20110823DSC02114s.jpg
待つこと10分、ひつまぶし登場。
皮は柔らかい、やや肉厚の身。
しっかりと脂が落とされた上品系の身は
やさしい柔らかさだが、
少々プリッとした感じもあり。

タレは甘辛醤油系、どちらかと言えば辛めか。
ごはんも丁度よい。
20110823DSC02119s.jpg
ひつまぶしと言えば、
一杯目はそのままで。
二杯目は薬味を入れて、
三杯目はダシ汁をかけてお茶漬で・・・。
といった感じでいろいろな食べ方を楽しむ。
女性には好まれそうだ。
20110823DSC02128s.jpg
この三杯目のお茶漬だが
自分的にはダシ汁を入れるのをためらってしまう
なんとも贅沢な食べ方だと思う。
腹もいっぱいになる。
お値段的にもよいかもしれない、
ただしランチタイムに限るのだが。

まわりを見回すと、8割程度のお客さんが
ランチひつまぶしを食べているようだ。
老舗高級鰻店もランチはお得なのだ。



関連ランキング:うなぎ | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment