うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うな和


神奈川へ出張した。
出張先は三浦だが、足をのばして小田原近辺まで。
車でブラブラしてしまった。

最近出先でうなぎを食べていることが多い。
これまた、その土地その店ごとに違いがあるからオモシロい。

本日は、以前から口コミで気になっていた国府津にある「うな和」へ。
歴史ある東海道沿いにある古い町並みのなかにひときは重厚な建物
これがうな和のようだ。

小部屋に区切られながら、テーブル席座敷席がある。
静かな時間が流れる、まったりとした店内。
平日の17:30お客はいない、しかし本日は満員だそうだ。
予約をして来店するのが常識のようだ。
自分のように気まぐれで来店して入れるのは運がいいようである。

特重とうなぎの骨からあげを注文。
うな重を頼むと骨からあげもついてくるそうだが
この骨からあげも好きなので、あえて注文。

unakazus.jpg

骨のからあげが出てきた。
塩分控えめで上品なから揚げである。
ほどなく、肝煮がでてきた。
こちらも旨い。

待つこと30分うな重登場。
皮はやわらか、超肉厚の身はふっくらトロトロ。
タレはどちらかというと甘目か?
食べ進むにつれ醤油の香ばしさが際立ってくる、タレは濃い目である。
脂ものったボリュームのある鰻だが、そんなにしつこくなく
上品な鰻である。
おいしいお店を見つけた。

また機会があれば訪れたいお店である。




関連ランキング:うなぎ | 国府津駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment