うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

田川


土用の丑が近い。
去年の夏の土用の丑の時にお誘いいただいた
とあるSNSコミュニティから再び鰻の話になる。
それじゃあ行きましょうということになり、
自分が店を予約する係になる。

この時期、鰻屋は猛烈に忙しい。
自分的にはこの時期のうなぎ屋には
あまり行こうとは思わない。
今から予約が取れるのか?

なんとか、土用の丑の前日に
中央本線西荻窪の田川さんの予約が取れた。
予約時にうな重のグレードを聞かれたので
2500円のうな重をお願いした。
大型台風が近づいている。
風雨の中、西荻窪に向かう。

西荻窪南口を出て五日市街道を左折する
歩いて15分ほどのところにある。
駅前の繁華街に興味をそそられながらも
一本道を外れると閑静な住宅街だ。
19:00の予約。10分前に到着。
暖簾は出ていなかったが、玄関に「田川」の看板がある。

店内を入って左側が焼き場。
右に小上がり3卓ほど。
そのうちの2卓を使って5名が陣取る。
DSC01753s.jpg
最初にお茶が出される。
蒸し暑いので、瓶ビールをお願いする。
ビールを飲んでいるうちに
漬物が運ばれる。
店内にメニューは見当たらない。
ツマミになにか?・・・と聞くと、無いとのこと。
この時期だからなのか、普段よりうな重一筋なのか・・・。
なるほど店内と厨房にも独特のコダワリを感じる。
DSC01758s.jpg
ビールを飲み始めて20分程
うな重登場。
蓋を開けると香ばしいかおり。
皮は柔らかく、身の表面はよく焼いてありパリッとした感じ。
身の厚さは、ちょいやや厚めか。
ふわっとトロッとしたタイプではなく
しっかりと余計な脂は落とされ旨味が凝縮された感じ。
タレは辛め濃いめ、身にしっかりしみ込んでいる。
ごはんはやや水分多めな感じだが許容範囲。
DSC01761s.jpg
肝吸いは、椎茸のダシがしっかりとしいて
複雑な味わい。
ご飯の量も若干多め、お腹は満たされる。
漬物には奈良漬が入る、これ好きだなあ。
DSC01764s.jpg
余談だがこの奈良漬、奈良漬の製造過程で使用する酒粕に、
うなぎの脂分を抑える成分が含まれていて、
うなぎの口直しとしては丁度よいという説もあるようだ。
土用の丑前日、美味しく頂きました。

帰り道、西荻窪駅前で焼き鳥とともに
もうちょっとだけ一杯やりたかったなあ・・・。



関連ランキング:うなぎ | 西荻窪駅三鷹台駅


スポンサーサイト

2 Comments

いもずるマスクマン  

No title

なんとも楽しそうな集いですよね。
みんながうなぎ好きだから
うなぎ話もかなり盛り上がるんでしょうね。

仕事を離れたこんなお付き合いは最高ですよね。

うな重、おいしそ~!!

2011/07/29 (Fri) 10:20 | EDIT | REPLY |   

ゆぽんた  

No title

仕事の利害関係意、あるようなないような・・・?
自営業者はどこでお仕事につながるかわかりませんもんねえ。
うなぎも普段は一人で食べてますが
人が集まって食べるとまた一層おいしくいただけます。
次回ご一緒します?

2011/08/03 (Wed) 09:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment