うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

友栄


日曜日だが小田原市内で仕事。
予定より早く終わり14:00頃には終わる。
遅い昼食でもとるか・・・。
実は終わったら三島に鰻を食べに行こうと思っていた。
時間も中途半端、腹も減った。
近くに友栄があるのを思い出した。
台風が近づく日曜日の15:00
友栄の店内はほぼ満席だ。

店内は座敷席が中心、テーブル3卓
混んでいるのに一人客で恐縮する。
年齢層はやや高めか、子連れは見当たらない。
店内も箱根リゾートの雰囲気が漂う。
20110529DSC01043s.jpg
メニューはいろいろあるが
うな重はグレードがなくシンプル。
割きたての肝や自家製カラスミやすっぽんなどがある。
車で来ていなければ確実に飲んでいたところだ。
うな重をお願いする。
箸袋に鰻のうんちくなどが書いてあり読みながら待つのだが
周囲で鰻うんちくを語るお客さんの話を聞くのも楽しい。
20110529DSC01053s.jpg
待つこと20分、うな重登場。
皮は柔らかく、身はふっくらトロトロ肉厚だ。
超肉厚の身はクリーミートロな感じ。
なるほど、友栄なのだ。
20110529DSC01055s.jpg
タレは甘辛、どちらかと言えば甘めのしっかりしたタレ。
タレの追加用の瓶もありお好みで調整する。
ごはんもちょうど良い。

鰻、タレ、ごはんのバランスがよく
皮目の脂のノリを楽しむボリュームうな重。
肝吸いの肝はプリッとして、塩分控えめなやさしい吸い物。
20110529DSC01061s.jpg
店員さんの対応も気持ちよく、調理場からも元気な声が聞こえてくる。
元気が出るうなぎ屋さんだ。
箱根登山鉄道風祭駅周辺の土産物店をブラブラ散策しながら
うなぎで一杯やるのがいいかもしれない。

外は土砂降り・・・三島も行っちゃうか!?


友栄


関連ランキング:うなぎ | 風祭駅入生田駅



お店のウェブサイト
http://www15.ocn.ne.jp/~tomoei/

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment