うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

川魚料理・天ぷら 鰻勝


杉戸方面からの仕事帰り、抜け道から出る交差点で信号待ち。
香ばしいいい香りがしてくる、車の窓も開けていないのに。
本日の夕食にする。

駐車場は店舗前にあるが、店から50メートル先に第二駐車場がある。
店内は小上がり3卓、テーブル席1卓二人用、奥には座敷もあるようだ。

うな重のグレードは松竹梅でうなぎの大きさ重量が違うとのこと。
さらに二段重もあり。
他には酒の肴系、きも焼、どじょう、川海老などがあり。
珍しいところでは、鰻の天ぷら、うな天重、なまずの天ぷらがある。
焼鳥が一本105円なのもうれしい。
うな重松1785円にする。
20101202DSC00040s.jpg
待つこと10分、うな重登場。
登場速いなあ・・・。
皮は柔らか、ややトロッとした身で暑さは普通。
皮目に脂がのっていて、ボリューム感はある。
タレは甘め、ご飯の堅さもちょうど良い。
20101202DSC00045s.jpg
漬物のきゅうりは糠漬。
肝吸いの肝は大きめの肝が入る。
出来あがりまでの時間は速めだが、
少々、トロッした身も味わえて
値段的のわりにボリューム感もあり、
これは、これでありなうな重。


蒲焼は店頭販売もしていて、持ち帰り用もある。
うな重が出てくるあたりで、お土産用に焼き鳥105円を頼むのが
地元通向けの頼み方らしい。


川魚料理・天ぷら 鰻勝
所在地:埼玉県幸手市東5-7-2
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00
定休日:水曜日



関連ランキング:うなぎ | 幸手駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment