うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

川魚山中


うなぎはご無沙汰である。

うなぎは外出帰りに寄ることにする。

桶川市の川魚山中
以前、食べに行った土浦のうなぎの店は、うなぎの山中。
まったく別のお店だ。

桶川、北本付近の荒川サイクリングロード東岸を走ったことが
ある人なら知っているかもしれない。
場所的には荒川沿いにある。

18:00過ぎ、周辺は街灯もなく暗い。
荒川の土手近くなので民家も少なくさらに暗く感じる。
広い駐車場に車を駐車し、ちょっとした庭を通り店内に入る。
土間のある建物、広間に6卓ほど、そして和室にテーブルが2卓
これは椅子に腰かけるタイプだ。
しっかりした太い梁のある建物は重厚感を感じる。

広間で一人、落ち着く・・・贅沢な時間だ。
鰻屋ではこういうシチュエーションによく出会う。

メニューはうな重並1750円より、鰻の重量でグレードが違うとのこと。
久しぶりなので奮発して特上2750円をお願いする。
他には鯉や鯰がある、川魚料理やらしい。
20101116DSC09933s.jpg
待つこと30分、うな重登場。
皮は柔らか、身も柔らか、やや厚め。
表面はよく焼いてありちょっとサっくり感がある。
トロッとした感じではないが、よく脂がのっていてボリューム感はある。
タレは、醤油系ややみりん風味、タレ濃い目か。
ご飯は硬めで好み。
20101116DSC09936s.jpg


実は、この鰻を食べにくる直前に
仕事でご一緒していた方と鰻の話になった。
(そのせいで、急に鰻が食いたくなったのだが)
その方は、フワッとトロッとさっぱりあっさりの鰻が好みなのだそうだ。
自分は、こってりジュワーのボリューム系が好きだなあ・・・。
まったく真逆な好みの方と同じうなぎを食べに行っても
話は噛み合いそうにもない・・・と思った。
20101116DSC09912s.jpg




関連ランキング:うなぎ | 桶川駅



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment