うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

あかぎ


群馬県猿ヶ京で打ち合わせと商談。
ガソリンを入れたら九千円超え・・・すごいね~。
高速を使わず一般道で下山。

以前、ウェブサイトで見ていた
藤岡の鰻店がちょうど通り道のようなので
立ち寄ることにした。

18時過ぎに到着
辺りは薄暗くなっている
つい先日まで、明るかったのに、秋の気配である。

店内に入ると
紀州備長炭使用の看板がある。
座敷席を案内される。
店内にはストーブが置いてある
一年中必要なのだろうか・・・・?

特上はうな重と蒲焼がつくという・・・・
今回は控えめに、うな重にする。肝吸い付き¥2,300
u19s.jpg

待つこと25分、うな重登場。
お重のふたを開けるとともに、炭焼き独特の香りがする。
柔らかい皮に、肉厚のふっくらトロトロの身
タレはしょうゆ系ながら、炭焼きの香ばしさが合わさり
独特のタレであるが、味は薄め。
ご飯は固めでこのタレにはよくあっている。

食べ終わる頃には
席も埋まってきた。
まったり、くつろげるお店です。

ちなみに、気さくなお上さんの声は
大●のぶよのドラ●もんに似ていた・・・(笑




関連ランキング:うなぎ | 北藤岡駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment