うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎ川菊


自転車で熊谷。
路地にうなぎ屋を見つけ、昼食にする。
20101007DSC09359s.jpg
店の外観も雰囲気がある。
店に入ると、たて場があり季節を演出している。
テーブル席6卓ほど。

うな重は梅1450円から、川、菊とうなぎの大きさでグレードが違うとのこと。
さらに別枠で、江戸焼うな丼(花月)2850円があり、さらに大きな鰻とのこと。
ってことは、梅、川、菊は地焼きなのかと聞くと、すべて蒸しを入れているとのこと。
他には、蒲焼膳、ひつまぶし、どじょうなどもあり。
2千円代なら大きな鰻を食べたいよなあ。
自転車だしビールも飲みたいよなあ。いや、自転車でもダメなんだから
ビールの分、奮発しとくか・・・いつも自分に言い訳する。
江戸焼うな丼(花月)2850円にする。
ちなみに、価格は外税・・・。
20101007DSC09352s.jpg
待つこと25分、うな丼登場。
大ぶりの鰻が、大きめのどんぶりから少々はみ出している。
皮は柔らか、身は超厚めで表面はサクッとした感じで仕上げてある。
ふわトロの身、程よい脂でボリューム感あり。
皮目の裏側の脂がトロッとしてボリューム満点。
20101007DSC09350s.jpg

タレは、甘辛濃い目、コクのあるタレ。
ご飯の堅さもちょうど良い。
大きめの丼ぶりだが、ご飯の量とのバランスがよい。

トロ~とした、ボリューム満点の甘辛うな丼。




関連ランキング:うなぎ | 上熊谷駅熊谷駅

うなぎ食べ歩き~うなぎ川菊

うなぎは大好物である。

自転車で熊谷。
路地にうなぎ屋を見つけ、昼食にする。

店の外観も雰囲気がある。
店に入ると、たて場があり季節を演出している。
テーブル席6卓ほど。

うな重は梅1450円から、川、菊とうなぎの大きさでグレードが違うとのこと。
さらに別枠で、江戸焼うな丼(花月)2850円があり、さらに大きな鰻とのこと。
ってことは、梅、川、菊は地焼きなのかと聞くと、すべて蒸しを入れているとのこと。
他には、蒲焼膳、ひつまぶし、どじょうなどもあり。
2千円代なら大きな鰻を食べたいよなあ。
自転車だしビールも飲みたいよなあ。いや、自転車でもダメなんだから
ビールの分、奮発しとくか・・・いつも自分に言い訳する。
江戸焼うな丼(花月)2850円にする。
ちなみに、価格は外税・・・。

待つこと25分、うな丼登場。
大ぶりの鰻が、大きめのどんぶりから少々はみ出している。
皮は柔らか、身は超厚めで表面はサクッとした感じで仕上げてある。
ふわトロの身、程よい脂でボリューム感あり。
皮目の裏側の脂がトロッとしてボリューム満点。
タレは、甘辛濃い目、コクのあるタレ。
ご飯の堅さもちょうど良い。
大きめの丼ぶりだが、ご飯の量とのバランスがよい。

トロ~とした、ボリューム満点の甘辛うな丼。


うなぎ川菊
所在地:埼玉県熊谷市鎌倉町135
営業時間:11:00~21:00
定休日:月曜日


・食べログでのお店の詳細はこちら
http://r.tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11006429/
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment