うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごいかもしれない。気の向くままにうなぎ散歩。

うな富士


富士吉田で仕事。
ちょっと遠いが身延山に行ってみたかった・・・。
そして、南部町にあるうな富士にも行ってみたかった。
峠を二つほど越えて行く。
信号もなく道も空いているので1時間ほど・・・正午ちょっと前に到着。
20101001DSC09254s.jpg
富士側に近い、山の中だ。
店の前には車が多数駐車してある。
綺麗とは言えない建物。
もう満席かと思いながら店に入ると、一つだけ空いていた。

店内は小上がり2卓、テーブル2.5卓。
その0.5に座る。トイレは店の外にある。

特上定食は2100円、特々定食2800円を注文する。
なぜか、定食という表記でメニューはシンプルだ。
他には、うなぎの洗い、アユ、ヤマメ、沢蟹のから揚げなどがある。
鉄串を刺し、ロースターで焼く。
20101001DSC09245s.jpg
待つこと、20分うな重登場。
皮は弾力があるが柔らかい、皮目の脂のボリュームがすごい。
身は超厚め、うなぎの風味を感じる。
表面はサクッとした感じ、ブリブリではなくプリッとして柔らかい。
タレは、甘辛だが、やや甘めでコクがある。
ごはんの堅さもちょうど良く、うなぎ、タレ、ごはんのバランスが
マッチしている。
20101001DSC09249s.jpg

超ボリュームのある、元気系うなぎだが
店の雰囲気だろうか、なんだかホッとするうな重だ。

帰りに鰻の骨を買う。
店主によると、冷凍で半年は大丈夫なのだとか。
うなぎの頭のから揚げを少し持たせてくれた。
静かにもくもくと仕事をする店主。
正午を過ぎると、平日でも次々とお客が入ってくる。




関連ランキング:うなぎ | 寄畑駅内船駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment