うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎの山中


午前中には用事が片付いた、せっかく茨城まで来てるので
霞ヶ浦でも見ていくかと、国道6号線を土浦方面へ。
土浦駅を過ぎ、湖北あたりでうなぎの山中の看板。
看板に誘われ右折。
DSC08250s.jpg
霞ヶ浦の湖畔はレンコン畑が広がっている。
どうやら道に迷ったか・・・。
レンコン畑の中をうろうろ、しかも未舗装路だ。
なんとか、湖畔にたどりつき、眺める。
DSC08256s.jpg
そうそう、うなぎ屋へ行こう。
しかしこんなところにうなぎ屋があるのか・・・。
また、レンコン畑の悪路をうろうろ。
うなぎ山中の広い駐車場に着いた。
このあたりから、舗装路だ。

おばあちゃんが、出迎えてくれる。
「暑いねえ~と・・・」
店内はテーブル4卓、小上がり2卓
トイレと調理場はカヤブキ屋根の離れの建物。
店内と離れの間の庭にも、屋外用のテーブルなどがあり
食事ができるようになっている。丑の日には満席になるのだろうか。

メニューはうな重上2000円とうな重特上2500円のみ。
他、どじょう、天ぷらなどがあるがシンプルなメニューだ。
うな重特上2500円を注文。
DSC08235s.jpg
待つこと15分、うな重登場。
表面にはしっかりと焼き目がつけてある。
肉は厚め、箸で切るのに苦労するほどの、プリプリいやブリブリ固めのうなぎ。
関東では珍しい蒸さないうなぎだ。
関東でも東関東~北関東界隈では、蒸さないうなぎ地焼きの鰻にお目にかかることができる。
厚めの肉は噛めば噛むほど、うなぎの味と独特なジューシー感が出てくる。
ムシャムシャと食べるタイプだ。
トロッとした感じは全くなし。タレは甘辛系だが、あっさりさりげないタレ。
肝吸いは、しょうゆ系で濃いめ。
DSC08241s.jpg
うなぎの蒲焼、調理の仕方でこうも違うものかと・・・。
関東風の深蒸しトロトロ鰻とは真逆の
関東土浦地焼きのブリブリ超マニアックうなぎ。
霞ケ浦とレンコン畑に囲まれた場所柄もマニアック。

これだから、うなぎは面白い、やっぱりやめられない・・・。



関連ランキング:うなぎ | 土浦駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment