うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎの浦和「山崎屋」


久しぶりに家族で浦和へ買い物へ。
浦和駅西口を出ると”うなこちゃん”が、
お出迎えしてくれます。うなこちゃんをみると
どうにも、鰻を思い出してしまいますなあ。
DSC04172s.jpg

うなこちゃんの周りに鰻屋のチラシかなんか
置いておいてくれるとありがたいなあ~
その日の気分でお店が選べるのに。

ほんとは中山道沿い満寿家行ってみようと思っていたが
お盆休みで残念。回れ右をして、同じく老舗の山崎屋へ。

全て座敷、掘りごたつ席がいくつか見えた。

待つこと10分程度
出てくるのは速い、昼時だからか・・・
DSC04212s.jpg

皮はトロトロ柔らか、身は厚みがありふっくらトロトロ
タレは薄め、ちょっと臭みがあるかなあ、山椒がほしくなる。
独特な鰻らしさと柔らか上品な江戸前鰻といったところでしょうか。

好みが分かれるところ・・・
いつもは良く食べるゆぽんたジュニア男子も
今日は鳥そぼろ重がお気に入りの様子。
DSC04198s.jpg

鰻屋でもこういう他の丼がたべられるのは
嬉しいところ。
この鳥重の卵焼きが絶品でございました。




関連ランキング:うなぎ | 浦和駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment