うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

蒲焼寿司「温鈍屋」


日光街道旧道沿い元荒川近くにある鰻屋「温鈍屋」です。
昔から存在は知っていたのですが
入るのは初めて、地元の食事処として賑わっています。
っていうのも、看板の店名から勝手にうどん屋だと
思っていたんですね・・・。
DSC02845s.jpg

特上うな重を注文。
待つこと20分、うな重登場、重箱ではなく大きな丼で出てきます。
皮は柔らか、身は肉厚でトロトロジューシー、タレは辛目
焼き目がしっかりついて、身のカリトロが味わえます。
香ばしさもグッド。
特上は二段重、ご飯の下からまたまたうなぎが出てきます。
これ、うなぎ好きにはたまりません。


蒲焼寿司「温鈍屋」
所在地:埼玉県越谷市大澤1-1-18
定休日:
お店のウェブサイト
http://www.koshigaya-sci.or.jp/udon/index.html

・食べログでのお店の詳細はこちら
http://r.tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11006419/

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment