うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎ板善


旧日光御成街道沿い白岡町付近にある、
以前通りかかり店構えから気になっていた。
夕食時に付近を通ったので行ってみた。

店内は和風、建物は古いが綺麗にしている。
小上がり6卓、他に座敷もあるようだ。
落ち着く雰囲気。

メニューは杉重1400円から松重、板重2100円とある。
うなぎの重量大きさが違うとのこと。
板重にする。
他にはいかだ焼き、かぶと焼きがある、鯉料理も多数あり。
天婦羅、天重もある。
DSC04686s.jpg
待つこと35分、うな重登場。
わりと歯ごたえのある皮、身はやや厚め
トロッとすたタイプではなく柔らかい身。
タレは独特なタレで甘い。
酒、みりん系がタレに効いている感じだ。
ご飯の盛りがやや多め。
このご飯に甘系のタレがたっぷりとかかっている。
ボリューム的には普通なのだが、なんだか腹いっぱいになる。
肝吸いの肝はプリッとしている。
DSC04689s.jpg




関連ランキング:うなぎ | 新白岡駅和戸駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment