うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎ・天ぷら「なかむら」


甲府に出張、夜は小田原で打ち合わせがある。
中央道一宮御坂インターチェンジを出て御坂みちをいく。
小田原に出るため御坂峠、御殿場から箱根越えを選んだ。

御坂みちを抜けると河口湖、ちょうど昼時。
その河口湖湖畔に地焼きうなぎが食べられる「なかむら」がある。

店内には水槽がありうなぎが入っている。活きうなぎを使ってくれる。
うなぎはあまり動かない、大人しいんだね~。

夫婦ふたりで営業しているが、座敷、カウンター、テーブル席とある。
うなぎ茶漬けやうなぎの刺身、手作りこんにゃくが気になるが
うな重¥1,900を注文。
DSC02718s.jpg

ガラス越しの厨房を見ながら待つこと30分、うな重登場。
皮はしっかりして、肉厚の身はプリプリ、タレは甘め。
この独特な感じは地焼きならではだろうか。
関東ではなかなか食べられないプリプリうなぎでございます。
肝吸いもしっかり肝のお味がしてます、新鮮だからでしょうなあ。


お店のホームページ
http://www.geocities.co.jp/Foodpia/9515/



関連ランキング:うなぎ | 河口湖駅富士急ハイランド駅下吉田駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment