うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

うなぎ浜松家


午後一番で、中野で仕事。
山手線の新大久保から中央線の大久保まで歩く、
いろいろ店を見ながら歩くのは楽しい。

大久保で早めの昼食をとるため、駅から近いうなぎ浜松家に入る。
小滝橋通りに面していて、うなぎ専門の看板が目立つ。

店内はカウンター4席、テーブル2卓、奥には小上がりがあるようだ。
メニューは、うな重松1400円、上1800円、特上2400円、うなぎの量が違うとのこと。
他に、かさね重3200円、ジャンボうな重3500円なんてのがあり興味をひくが
特上2400円を注文、いつもより奮発だ・・・。
柳川、親子丼もあり。

最初に箸とお茶と漬物が出てくる。
漬物を先に出してくれるところは嬉しい。
5分後に吸い物が出てくる。
待つこと10分うな重登場。
DSC03754s.jpg
皮は柔らか、身の厚みは普通か・・・特上だが。
量が違うとのことなので。
ふっくら柔らかい身のうなぎだ。
タレはコクのあるしょうゆ系・・・。
ご飯は固めでお重向け。
タレとうなぎと御飯の全体的なバランスは良いようだ。
あっさりさっぱり系のうな重。
DSC03758s.jpg
個人的には、もうちょっとボリューム感が欲しいところ・・・?
ボリューム派には2400円はビミョウかもしれない。



関連ランキング:うなぎ | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment