うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山安商店


こちらは、浦安魚市場場外。
市場裏通りの出口の目の前にある、山安商店。
DSC03609s.jpg

この外観がなんとも歴史を感じさせる。昭和レトロここにあり。
店の中といっても開けっぴろげではあるが、ここで活きた鰻を捌き
竹串を打ち、そのまま蒸さずに焼く。
店頭で女将さんがものすごい焼き煙と格闘している、地焼きうなぎは煙がよくでる。
同時にいくつもの蒲焼を焼く、鮮やかだなあ。
こんな風景を見ただけで、食欲が出る。
外は梅雨時、蒸し暑い。
DSC03617s.jpg

こちらも、関東では珍しい、蒸さない鰻だ。
蒲焼特大820円を購入。
自宅へも持ち帰りたかったが、この後、用足しがあるので断念。

先ほどの、内藤商店の蒲焼とともに公園で食べる。
ご飯は、チェーンのお弁当屋さんで調達。
またも、屋外で即席うな丼だ。

公園で一人食べていると、老人男性が隣りのベンチに座り挨拶をする。
「うなぎですか、いいですなあ」・・・と。
その老人はお茶を飲んで去ってゆく、お先に・・・と。
なんだか、いいなあ。時間の流れ方が違う。

やっぱり、蒸さない鰻が好きだなあ。


山安商店 浦安魚市場場外
所在地:千葉県浦安市北栄2-5-20浦安魚市場場外
営業時間:4:00~12:00売り切れ次第閉店
定休日:毎週月曜日・第三火曜日

・ゆぽんたのウェブサイト「うなぎのぼり」詳細記事はこちら

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。