うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川魚料理 水門


諏訪湖畔、高校の脇の路地を入ったところにある。
駐車場は店舗前と店舗裏にあり。

鰻屋としては広めのお店である。
開店五分前に到着したが、気持ちよく案内してくれた。

メニューは、うな重極上3500円、うな重特上2300円。
うな丼は中丼1550円~。他には岩魚や鯉などもあり。
持ち帰り用の蒲焼もある、三切れ1500円~
一尾などの単位ではなく●切れで頼むのですな。

うな重特上2300円を注文する。
注文してから5分後には焼きのいい香りがしてくる。
店内には諏訪湖からのよい風が入ってくる。
DSC03356s.jpg
待つこと10分うな重登場。
蒸さない地焼きはお待たせしないねえ。
お、二段のお重。蓋をあけると、ご飯はなく蒲焼が二切れ。
・・・え、うなぎこれだけ??と思いながら。
下段の重を見て安心。さらに二切れの蒲焼がご飯の上にのっている。
DSC03360s.jpg
皮はパリッパリッとして、身は超厚めでジュワッとジューシーだ。
タレはコクがあり甘め濃い目。ご飯はもう少々硬めのほうが好みだが
許容範囲だ。ジュワジュワの身と濃いめのタレでボリューム満点だ。
DSC03362s.jpg
蒲焼に添えられた、山椒の葉も色づけと、程よい香りづけとなる。
肝吸いの肝は炭火であぶられており、香ばしい。
私は蒲焼の尻尾の部分を最後に食べる・・・一番脂がのっており
コッテリ好みの私には嬉しいところ。だから、キチンと尻尾の部位を
つけてくれるお店は嬉しい、たまに尻尾を切り落としてるお店が
あるんだよねえ・・・・。
DSC03366s.jpg
私は普段、関東風の蒸した鰻を食べなれている、調理の仕方で
こんなに変わるものかと感心してしまう。どちらが好みか?
鰻自体が好きなので、いろいろな調理の仕方があるのは嬉しい。
どちらかというと、コッテリ好きとしては蒸さないほうが好きかも。

岡谷には鰻店がたくさんある、他の店もいろいろ食べてみたいところである。



関連ランキング:うなぎ | 岡谷駅


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。