うなぎのぼりブログ

日本のうなぎ食文化ってすごい。地域やお店によって夫々目指すべきうなぎ料理が違うのが魅力的。

鳥鍵


山梨での仕事を終えて、長野県木曽福島の友人を訪ねて行った。
到着したのは夕方。足を伸ばしすぎたと少々後悔。

夕食場所を探しておいてくれた。
旧中山道木曽福島宿のなかにある、山菜・うなぎ・釜めしの”鳥鍵”だ。

店内はテーブル5席程度か、奥には座敷もあるようだ。
鳥の釜めしとうなぎが売りのようだ。
こちらのうなぎは蒸さない関西風スタイルとのこと。
うな重は、蒲焼と御飯が別に出てくる、うな丼はご飯の上に
タレをかけ、その上にかば焼きがのる。
こってり食べたいのならタレのかかったうな丼がおススメとのこと。
うな重とうな丼のうなぎの量は同じとのことで、うな丼上肝吸い付き1950円を注文。
他にもうな釜まぶし、うなぎ定食などがある。うなぎのほかにも釜めしなどがあるので
うなぎが苦手でも大丈夫だ。友人はあまりうなぎを食べなれていないとのことで、釜めしを注文していた。
DSC03301s.jpg
待つこと20分、うな丼登場。
丼ぶりの蓋をあけると、小口に切られたうなぎが4切れほど。
皮はパリッとしていて、厚めの身はプリッとしていて柔らかく、ジューシーだ。
身の表面もカリッと仕上げてある。
タレは甘め、ご飯も硬めでうまい。
DSC03306s.jpg
実はうなぎ・・・少ないなあ、などと思っていたのだが、
食べ進めるとご飯の中からうなぎが2切れほど発見。こういうの嬉しいねえ。
これが関西風真蒸し・・・なのか・・・。
DSC03313s.jpg
ご飯の中から出てきたうなぎは、表面にのっていたうなぎとはまた違った食感。
中に入っていたことで蒸らされたのか、やわらい。
丼の底にタレが程よく残り、最後までおいしくいただく。
所変わればうなぎも変わる・・・。

ちなみに釜めしも少々いただいたが、ダシが効いたやさしい感じの釜めしだった。



関連ランキング:釜飯 | 木曽福島駅


スポンサーサイト

4 Comments

へこ  

是非また来て下さいまし。

遠路はるばるご苦労様でした;
ご飯の中に2切入っていたなんて…読んで知りました。何も言わずに冷静に食べていましたね;(私なら叫んでると思います。)大人ですなぁ。

っでまたみんなで来てくださいね。^^

2009/06/15 (Mon) 22:06 | EDIT | REPLY |   

ゆぽんた  

遠すぎた・・・っす。
でも、木曾福島いいとこですね、わびさびの旧宿場町。是非、旦那氏にもおススメしてくださいませ。
また、気が向いたらコメントしてやってくださいませ~。

2009/06/16 (Tue) 20:04 | EDIT | REPLY |   

いもずるマスクマン  

やっぱりうなぎですね!!

遠路お疲れ様でした。
木曾まで行ってもうなぎを食べるとは・・・
さすがとしかいいようがありません。

へこさん
お久し振りです。お元気に頑張っておりますか?
一度お伺いしたいと思いながら・・・・月日の流れるのは早いものです。
自然いっぱいの中でも頑張って下さいね。

2009/06/17 (Wed) 08:54 | EDIT | REPLY |   

ゆぽんた  

木曾の辺りはソバですねえ。
あとは、猪とか・・・。
岡谷から西は関西風のうなぎなんじゃないですかねえ。いもずるマスクマンさんも美味しくいただける鰻じゃないですかね!

2009/06/18 (Thu) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment